多形核白血球の示す生物活性とそれに影響を与える薬物の作用

[目次]

  • 目次
  • 略語 / p1
  • 要旨 / p2
  • 緒言 / p5
  • 多形核白血球の活性化機構(図1) / p9
  • 第一章 多形核白血球のスーパーオキサイドアニオン産生能に対する各種薬物の作用 / p10
  • 実験方法 / p10
  • 実験結果 / p12
  • 考察 / p20
  • 小括 / p22
  • 第二章 多形核白血球のアラキドン酸遊離に対する各種薬物の作用 / p23
  • 実験方法 / p23
  • 実験結果 / p26
  • 考察 / p32
  • 小括 / p35
  • 第三章 抗アレルギー薬の好中球機能に対する作用 / p37
  • 実験方法 / p39
  • 実験結果 / p41
  • 考察 / p46
  • 小括 / p48
  • 第四章 ヒスタミンH1受容体遮断薬の好中球代謝活性化に対する阻害作用 / p49
  • 実験方法 / p51
  • 実験結果 / p52
  • 考察 / p57
  • 小括 / p60
  • 第五章 抗ヒスタミン構造を持つ薬物の多形核白血球スーパーオキサイドアニオン産生阻害機序 / p62
  • 実験方法 / p64
  • 実験結果 / p64
  • 考察 / p68
  • 小括 / p70
  • 第六章 交感神経β作用薬の好中球機能阻害作用 / p71
  • 実験方法 / p71
  • 実験結果 / p73
  • 考察 / p84
  • 小括 / p87
  • 結論 / p88
  • 謝辞 / p89
  • 引用文献 / p90

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 多形核白血球の示す生物活性とそれに影響を与える薬物の作用
著作者等 谷口 勝彦
書名ヨミ タケイカク ハッケッキュウ ノ シメス セイブツ カッセイ ト ソレニ エイキョウ オ アタエル ヤクブツ ノ サヨウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想