近代スーダンにおける体制変動と民族形成

栗田禎子 著

「民族」とは何か、19世紀以降現代までのスーダンの歴史過程を具体的に分析することを通して、とりわけ民衆運動と民族形成の関係に注目しながら、従来とは異なる視点から答える。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序論 前近代スーダンにおける政治構造をめぐる試論
  • 第1部 19世紀スーダンにおける社会変容と民族形成(ムハンマド・アリー朝エジプト支配の性格
  • マフディー運動の性格規定
  • マフディー国家の政治構造-「タアーイシー独裁」の意味)
  • 第2部 英統治下スーダンにおける社会変容と民族形成(1)(初期統治政策(1899‐1924)と社会の変容
  • 「1924年革命」の性格規定)
  • 第3部 英統治下スーダンにおける社会変容と民族形成(2)(「原住民自治」政策の展開とスーダン社会の変容
  • スーダン「民族運動」の諸潮流)
  • 第4部 独立後のスーダンにおける政治構造と民族形成(1964年「10月革命」前後の政治過程と「民族」
  • 1985年「蜂起」前後の政治過程と「民族」)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p1
  • はじめに / p1
  • 序論 前近代スーダンにおける政治構造をめぐる試論 / p12
  • 第1節 フンジュ・フルタン国 / p14
  • 第2節 ダール・フール・スルタン国 / p33
  • 第一部 19世紀スーダンにおける社会変容と民族形成 / p44
  • 第一章 ムハンマド・アリー朝支配の性格 / p45
  • 第1節 世界史的状況 / p45
  • a.エジプトの従属化 / p46
  • b.エジプト農村の変容 / p49
  • c.「エジプト民族主義」の諸相 / p52
  • 第2節 スーダン社会の変容 / p58
  • a.北部ナイル河岸農村の変化 / p58
  • b.ナイル交易の発展と、北部ナイル河岸出身者の南・西部への進出 / p61
  • c.北部社会内の南部・ヌバ山地出身者:「ジハーディーヤ」の形成 / p71
  • 第二章 マフディー運動の性格規定 / p74
  • 第1節 マフディー運動の担い手 / p75
  • a.北部ナイル河岸~スィンナール・ジャズィーラの貧農 / p75
  • b.商人層(広義の「ジャッラーバ」) / p79
  • c.西部牧畜民 / p84
  • d.南部・ヌバ山地出身者:旧「ジハーディーヤ」・「バーズィンキル」 / p86
  • e.南部民衆 / p92
  • 第2節 「マフディー」概念の意味 / p95
  • a.抵抗権としての「マフディー」概念 / p95
  • b.統合の原理としての「マフディー」概念 / p101
  • 第3節 世界史的状況-オラービー革命とマフディー運動の連関把握の試み- / p109
  • a.オラービー革命の進展・終熄過程とスーダンの動向 / p109
  • b.マフディー運動進行中のオラービー革命参加者・エジプト民衆の対応 / p114
  • c.マフディー運動参加者による状況認識・対エジプト戦略 / p121
  • 第三章 マフディー国家の政治構造-「タアーイシー独裁」の意味- / p125
  • 第1節 「ジャッラーバ」対「バッカーラ」という対立図式 / p125
  • 第2節 「タアーイシー独裁」の意味 / p128
  • 第二部 英統治下スーダンにおける社会変容と民族形成(I) / p140
  • 第一章 初期統治政策(1899-1924)と社会の変容 / p141
  • 第1節 統治政策と新社会勢力の出現 / p142
  • a.鉄道建設と都市「下層民」 / p142
  • b.近代教育と「エフェンディーヤ」層 / p145
  • c.交通の発達と商人層 / p148
  • 第2節 「逆コース」の予兆 / p149
  • 第二章 「1924年革命」の性格規定 / p153
  • 第一節 世界史的状況-第一次大戦後のナイル河谷情勢と「スーダン問題」の出現 / p154
  • a.耐え難き「現状(ステータス・クオ)」 / p154
  • b.スーダンの「発展の正念場」-ゲジラ計画- / p156
  • c.「スーダン問題」という枠組 / p159
  • d.「スーダン最初の代表団(ワフド)」 / p163
  • e.『スーダン文明』紙の「民族主義(ワタニーヤ)」論 / p167
  • 第2節 「白旗同盟」に見る「スーダン民族主義」の展開:その1 「スーダン統一同盟」から「白旗同盟」へ / p170
  • a.「スーダン統一同盟」分裂の契機をめぐって / p170
  • b.アリー・アブド・アッ・ラティーフの「スーダン民族主義」 / p175
  • c.「ナイル河谷統一」のレベルの変化 / p182
  • 第3節 「白旗同盟」に見る「スーダン民族主義」の展開:その2 「白」の意味 / p186
  • a.「白旗同盟」の活動と非活動 / p186
  • b.「白」の意味 / p189
  • c.「白」の制約 / p194
  • 第4節 「1924年革命」の位相 / p202
  • a.ポート・スーダンにおける運動 / p202
  • b.コルドファーンにおける運動 / p205
  • c.南部・ヌバ山地にとっての1924年 / p211
  • 第三部 英統治下スーダンにおける社会変容と民族形成(II) / p219
  • 第一章 「原住民自治」政策の展開とスーダン社会の変容 / p222
  • 第1節 「原住民自治」論の構造 / p222
  • 第2節 「原住民自治」体制下の北部 / p229
  • 第3節 「原住民自治」体制下の南部・ヌバ山地 / p235
  • a.南部 / p235
  • b.ヌバ山地 / p241
  • c.「脱部族化した黒人」対策 / p241
  • 第4節 「ネオ・マフディズム」体制の成立 / p243
  • 第二章 スーダン「民族運動」の諸潮流 / p248
  • 第1節 「学卒者会議」の位置づけ / p248
  • a.「学卒者会議」の「親英性」と「反英性」 / p248
  • b.英統治政策の転換と「学卒者会議」の「民族主義」 / p250
  • c.「ターイフィーヤヘの屈服」の意味 / p256
  • 第2節 戦後世界の動きとスーダン民族運動の新展開 / p262
  • a.共産主義運動のインパクト / p262
  • b.「統一派」諸党とウンマ党の「民族主義」 / p276
  • c.「黒いブロック」と「社会共和党」-「スーダン民族主義」の陰画 / p290
  • 第3節 エジプト革命とスーダンの独立への道程 / p305
  • a.「統一」破綻の原因をめぐって / p305
  • b.1952年-1953年 / p307
  • c.1954年以後 / p313
  • 第四部 独立後のスーダンにおける政治構造と民族形成 / p318
  • 第一章 1964年「10月革命」前後の政治過程と「民族」 / p321
  • 第1節 アッブード軍事政権の性格 / p321
  • a.政権成立の経緯 / p321
  • b.アッブード政権とスーダンの「資本主義的発展の道」 / p326
  • c.アッブード政権下における「民族」 / p332
  • 第2節 アッブード政権瓦解後のスーダンにおける勢力配置 / p336
  • a.「1O月革命」の経過 / p336
  • b.「非資本主義的発展の道」論とスーダン共産党の対応 / p338
  • c.「統一派」系諸政党の「アラブ社会主義」への脱皮 / p353
  • d.ウンマ党の内部抗争とサーディク・アル・マフディーの「新勢力会議」 / p358
  • e.「伝統的諸政党」の突撃隊-「イスラム憲章戦線」(ムスリム同胞団)の浮上 / p364
  • f.南部の政治勢力 / p372
  • 第二章 1985年「蜂起」前後の政治過程「民族」 / p380
  • 第1節 ヌマイリー体制の成立と変容 / p380
  • a.「革命的民主主義者」の政府?(1969年-1971年) / p380
  • b.「国家統一」と「開発」(1972年-1977年) / p388
  • c.「イスラム国家」への道(1978年-1985年) / p395
  • 第2節 1985年「蜂起」後のスーダンにおける政治過程と「民族」 / p404
  • a.「蜂起」とその後の政治過程 / p404
  • b.「挙国イスラム戦線」と「イスラム社会の建設の完成」 / p411
  • c.「スーダン人民解放軍・スーダン人民解放運動(SPLA/SPLM)」と「新しいスーダンの創造」 / p421
  • 結論 / p432
  • 注 / p1
  • 主要参考文献・資料リスト / p146
  • I 未公刊の行政報告書類 / p146
  • II 公刊資料 / p147
  • III 新聞・雑誌・ / p176
  • IV インタヴューした人々 / p177
  • 地図 / p179

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近代スーダンにおける体制変動と民族形成
著作者等 栗田 禎子
書名ヨミ キンダイ スーダン ニ オケル タイセイ ヘンドウ ト ミンゾク ケイセイ
書名別名 Kindai sudan ni okeru taisei hendo to minzoku keisei
出版元 大月書店
刊行年月 2001.2
ページ数 798p
大きさ 22cm
ISBN 4272530372
NCID BA50840288
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想