国立公園制度とその評価に関する韓日比較研究 : 雪嶽山と大雪山国立公園を中心として

[目次]

  • 目次 / 目次1
  • 第1章 序章 / p1
  • 第1節 研究の背景及び目的 / p1
  • 第2節 研究の構成 / p6
  • 第2章 韓国と日本の国立公園制度の政策展開 / p7
  • 第1節 序論 / p7
  • 第2節 韓国の国立公園制度の展開 / p9
  • 1.公園法前期(1967~1972年) / p9
  • 2.公園法後期(1973~1979年) / p10
  • 3.自然公園法期(1980~1986年) / p11
  • 4.専門管理体制期(1987~1989年) / p12
  • 5.利用規制期(1990~現在) / p12
  • 第3節 韓国の国立公園の現状 / p14
  • 1.国立公園指定と政策 / p14
  • 2.国立公園の指定現況 / p17
  • 第4節 日本の国立公園制度の展開 / p22
  • 1.国立公園法前期(1931~1937年) / p22
  • 2.国立公園法中期(1938~1948年) / p23
  • 3.国立公園法後期(1949~1956年) / p26
  • 4.自然公園法前期(1957~1970年) / p27
  • 5.自然公園法後期(1971~現在) / p29
  • 第5節 日本の国立公園の現状 / p30
  • 1.国立公園指定と政策 / p30
  • 2.国立公園の指定現況 / p32
  • 第6節 国立公園制度の政策展開及び指定現状に対する考察 / p38
  • 第3章 韓国と日本の自然公園法からみる国立公園制度 / p46
  • 第1節 序論 / p46
  • 第2節 韓国と日本の自然公園制度 / p47
  • 1.総則 / p47
  • 2.自然公園の指定及び解除・変更 / p49
  • 3.公園計画及び公園事業 / p51
  • 4.公園における保護及び利用 / p54
  • 5.公園事業費と補助 / p55
  • 第3節 韓国と日本の国立公園制度の対比 / p55
  • 1.韓国と日本の国立公園制度の同質性 / p55
  • 2.韓国と日本の国立公園制度の異質性 / p61
  • 第4節 韓国と日本の国立公園における保護計画 / p69
  • 第5節 韓国と日本の国立公園管理体制 / p73
  • 第6節 韓国における利用規制の現状 / p78
  • 1.炊事・野営行為の規制 / p78
  • 2.自然休息年制 / p80
  • 3.夜間登山禁止 / p82
  • 4.山火事予防のための入山規制 / p82
  • 第7節 日本における利用規制の現状 / p84
  • 第8節 韓日両国の国立公園内での林野事業 / p84
  • 第9節 国立公園制度の問題点と相互の適用性に対する考察 / p87
  • 第4章 韓国と日本の国立公園施設計画-韓国の雪嶽山と日本の大雪山国立公園を中心として- / p91
  • 第1節 序論 / p91
  • 第2節 事例調査地の概要 / p92
  • 1.雪嶽山国立公園の概要 / p92
  • 2.大雪山国立公園の概要 / p96
  • 第3節 韓国と日本に於ける国立公園の施設計画 / p99
  • 第4節 韓国と日本の集団施設地区計画及び現状 / p101
  • 第5節 韓国と日本の利用施設計画及び現状 / p106
  • 1.教化施設 / p106
  • 2.宿泊施設(ホテル、旅館、民宿等) / p110
  • 3.野営施設及び園地施設 / p111
  • 4.駐車施設 / p113
  • 5.運輸施設及び運動施設 / p114
  • 6.衛生施設(トイレ) / p117
  • 7.山小屋(避難所、山荘) / p119
  • 第6節 韓国と日本の利用施設計画と現状に対する考察 / p120
  • 第5章 韓国の雪嶽山国立公園を事例とする利用者評価 / p122
  • 第1節 序論 / p122
  • 第2節 研究方法 / p124
  • 第3節 結果及び考察 / p125
  • 1.利用者属性と行動形態 / p125
  • 2.入園料・文化財観覧料と利用規制に関する意識 / p126
  • 3.利用満足度と制度に関する意識 / p135
  • 4.利用施設評価 / p137
  • 5.利用環境評価 / p141
  • 第4節 結論 / p144
  • 第6章 日本の大雪山国立公園を事例とする利用者評価 / p146
  • 第1節 序論 / p146
  • 第2節 調査方法 / p147
  • 1.登山道に対する利用意識調査 / p147
  • 2.登山道の幅員調査 / p149
  • 3.登山道の標識調査 / p152
  • 第3節 結果及び考察 / p153
  • 1.登山利用者の評価 / p153
  • 2.観光客の評価 / p163
  • 3.登山道の幅員の現状 / p170
  • 4.数量化II類による分析 / p181
  • 5.登山道標識の現状 / p184
  • 第4節 結論 / p187
  • 第7章 韓国と日本の公園イメージの特性 / p189
  • 第1節 序論 / p189
  • 第2節 調査の概要 / p190
  • 第3節 結果及び考察 / p192
  • 1.個人属性とイメージの関連 / p192
  • 2.韓国と日本における公園毎のイメージ構造 / p193
  • 3.韓国と日本における公園間のイメージの違い / p198
  • 4.韓国と日本の公園イメージ分析 / p204
  • 5.国立公園に対する連想語の分布 / p207
  • 6.韓国と日本の身近な公園 / p212
  • 7.連想語による国立公園イメージの違い / p214
  • 第4節 結論 / p216
  • 第8章 雪嶽山と大雪山国立公園における公園イメージ / p218
  • 第1節.序論 / p218
  • 第2節.研究方法 / p218
  • 第3節.結果及び考察 / p221
  • 1.因子分析 / p221
  • 2.雪嶽山と大雪山国立公園のイメージ分析 / p224
  • 3.各因子と個人属性との有意性検定 / p226
  • 4.公園イメージの因子得点と総合評価との有意性検定 / p227
  • 5.満足度による国立公園イメージの分析 / p229
  • 第4節.結論 / p231
  • 第9章 総合考察 / p233
  • 第1節.日本の国立公園に関する考察 / p233
  • 1.公園管理体制と林野事業 / p233
  • 2.国立公園の入園料構想 / p236
  • 3.利用規制 / p238
  • 第2節.韓国の国立公園に関する考察 / p240
  • 1.国立公園指定方式 / p240
  • 2.国立公園イメージ / p241
  • 3.国立公園施設 / p243
  • 4.今後の国立公園地域の開発 / p245
  • 摘要 / p247
  • 引用文献 / p253
  • SUMMARY / p270
  • 謝辞 / p284
  • 付表
  • 付図

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国立公園制度とその評価に関する韓日比較研究 : 雪嶽山と大雪山国立公園を中心として
著作者等 朴 相獻
書名ヨミ コクリツ コウエン セイド ト ソノ ヒョウカ ニ カンスル カンニチ ヒカク ケンキュウ : ソラクサン ト ダイセツザン コクリツ コウエン オ チュウシン ト シテ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想