イトマキヒトデ幼生の原腸域の決定と分化に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 序論 / p1
  • 材料と方法 / p3
  • 結果 / p10
  • 正常発生における原腸形成 / p10
  • 植物極を除去した卵母細胞より生じた幼生における原腸形成 / p15
  • 割球回転操作を行った胚より生じた幼生における原腸形成 / p18
  • 考察 / p20
  • イトマキヒトデの原腸域は3つの小領域に分けられる / p20
  • AP陽性域2の決定にはAP陽性域1からの誘導的作用が必要であると考えられる / p22
  • 予定食道域の運命は前部中胚葉域からの抑制的作用により決まる / p26
  • イトマキヒトデ幼生の原腸域の決定と分化 / p26
  • 要約 / p28
  • 文献 / p29
  • 謝辞 / p33
  • 表および図 / p34

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 イトマキヒトデ幼生の原腸域の決定と分化に関する研究
著作者等 倉石 立
書名ヨミ イトマキヒトデ ヨウセイ ノ ゲンチョウイキ ノ ケッテイ ト ブンカ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想