大陸性氷河における蒸発に関する研究

大野宏之 [著]

[目次]

  • 目次
  • 第1章 序論 / p1
  • 第2章 天山山脈における予察的研究 / p4
  • 2-1.観測 / p4
  • 2-2.蒸発量の計算 / p4
  • 2-3.考察 / p6
  • 2-4.予察的研究の結論 / p9
  • 第3章 数値モデル / p12
  • 3-1.蒸発量の測定方法 / p12
  • 3-2.モデルの開発 / p13
  • 3-3.モデルの検証 / p20
  • 第4章 チベット高原の氷河における事例研究 / p25
  • 4-1.蒸発量の計算 / p25
  • 4-2.計算の誤差について / p30
  • 4-3.融解期と非融解期の蒸発の違い / p36
  • 第5章 蒸発と氷河の消耗 / p41
  • 5-1.蒸発が消耗に占める割合 / p41
  • 5-2.氷河氷の露出と氷河の消耗 / p41
  • 5-3.湿度の違いと氷河の消耗 / p43
  • 第6章 考察 / p48
  • 第7章 まとめ / p50
  • 謝辞 / p52
  • 引用文献 / p53
  • 付録 / Appendix-1
  • 1.第3章で使用した記号の一覧 / Appendix-1
  • 2.熱輸送モデルソースコード / Appendix-2
  • The influence of humidity on the ablation of continental-type glaciers / p107
  • 厚い雪氷体のための熱輸送モデル
  • 大陸性氷河における通年蒸発量
  • Basic Meteorological Elements in Boundary Layer on Glacier No.1,Tianshan in Melting and Non-melting Season / p23
  • An Approach to Estimate Annual Evaporation Amount on"Continental Type" Glaciers(Preliminary Report) / p24
  • Glaciological Studies on Qingzang Plateau,1989 Part 2.Glaciology and Geomorphology
  • Glaciological Studies on Qingzang Plateau,1989 Part3.Meteorology and Hydrology / p11

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大陸性氷河における蒸発に関する研究
著作者等 大野 宏之
書名ヨミ タイリクセイ ヒョウガ ニ オケル ジョウハツ ニ カンスル ケンキュウ
出版元 [出版者不明]
刊行年月 [1994]
ページ数 56, 11枚
大きさ 30cm
NCID BB15130995
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想