石綿を含む繊維状物質の定量に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 第1章 緒論 / p1
  • 第2章 石綿及び石綿代替品の特性及び用途とその計数法 / p5
  • 2.1 石綿及び石綿代替品の使用状況 / p5
  • 2.2 石綿及び石綿代替品の生体影響 / p8
  • 2.3 石綿及び石綿代替品の使用規制 / p13
  • 2.4 石綿を含む繊維状物質の繊維数濃度測定方法 / p18
  • 2.5 PCM法の計数精度を向上させるための検討 / p21
  • 第3章 低温灰化法を用いた石綿計数の前処理法の検討 / p37
  • 3.1 緒言 / p37
  • 3.2 低温灰化法 / p37
  • 3.3 メンブランフィルタの低温灰化(消滅化)方法 / p39
  • 3.4 環境中に浮遊する繊維状物質の低温灰化前後の状況 / p49
  • 3.5 計数精度に対する影響 / p52
  • 3.6 繊維状物質の性質に低温灰化が与える影響 / p55
  • 3.7 結言 / p58
  • 第4章 分散染色法による石綿を含む繊維状物質の識別 / p60
  • 4.1 緒言 / p60
  • 4.2 分散染色法の概要 / p60
  • 4.3 石綿製品中の繊維状物質の同定 / p65
  • 4.4 各種フィルタを用いた浮遊繊維状物質の識別 / p77
  • 4.5 VMメトリセルフィルタを用いたクリソタイルの計数 / p86
  • 4.6 まとめ / p101
  • 第5章 酸処理法による石綿スレート中の石綿定量法 / p103
  • 5.1 緒言 / p103
  • 5.2 石綿の溶解性 / p103
  • 5.3 強熱減量補正について / p105
  • 5.4 標準試料の概要 / p107
  • 5.5 酢酸及びぎ酸を用いた酸処理定量法 / p108
  • 5.6 改良型酸処理定量法について / p118
  • 5.7 石綿製品中の石綿定量へのりん酸法の応用 / p125
  • 5.8 酸処理法の前処理としての粉砕条件の検討 / p133
  • 5.9 ぎ酸法に対するクリソタイル以外の繊維状物質の特性 / p142
  • 5.10 結言 / p143
  • 第6章 ファイバーエア口ゾルモニタを用いた環境管理の試み / p146
  • 6.1 緒言 / p146
  • 6.2 ファイバーエア口ゾルモニタの概要 / p146
  • 6.3 繊維状物質に対するファイバーエア口ゾルモニタの特性 / p153
  • 6.4 粒子状物質に対するファイバーエア口ゾルモニタの特性 / p164
  • 6.5 石綿取り扱い作業環境でのPCM法とFAM-1の比較実験 / p166
  • 6.6 石綿代替品取り扱い作業環境での比較実験 / p169
  • 6.7 大気環境中の石綿濃度の測定 / p175
  • 6.8 結言 / p181
  • 第7章 結論 / p184

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 石綿を含む繊維状物質の定量に関する研究
著作者等 土佐谷 優子
書名ヨミ イシワタ オ フクム センイジョウ ブッシツ ノ テイリョウ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想