ヒト単球上Decay-accelerating facterの情報伝達分子としての役割

[目次]

  • 目次
  • I.緒言 / p1
  • 1、序 / p1
  • 2、Decay-accelerating factor(DAF)について / p2
  • 3、グリコシルホスファチジルイノシトール(glycosyl-phosphatidylinositol:GPI)アンカー型膜蛋白について / p7
  • 4、細胞内情報伝達について / p12
  • 5、単球の活性化について / p19
  • 6、DAFと単球の関係について / p20
  • II.研究目的 / p22
  • III.研究方法 / p23
  • 1、抗体(モノクローナル抗体の精製と各フラグメントの作製) / p23
  • 2、培地 / p24
  • 3、単球の分離と培養 / p24
  • 4、グルコース消費率の測定 / p25
  • 5、貪食能の測定 / p26
  • 6、Tumor necrosis factor-α(TNF-α)、interleukin-1α(IL-1α)とIL-1β産生能の測定 / p27
  • 7、DNA合成能の測定 / p27
  • 8、ホスファチジルイノシトール特異的ホスホリパーゼC(phosphatidylinositol-specific phospholipase C:PIPLC)処理 / p29
  • 9、フローサイトメトリー法による単球表面DAF量の解析 / p29
  • 10、細胞内イノシトール三リン酸(InsP₃)の測定 / p30
  • 11、細胞内カルシウムイオン濃度(〔化学式〕)の測定 / p30
  • 12、免疫沈降法 / p31
  • 13、イムノブロッティング(Immunoblotting) / p32
  • 14、チロシンキナーゼ阻害剤処理 / p33
  • IV.研究結果 / p34
  • 1.抗DAFモノクローナル抗体、1C6による単球の活性化 / p34
  • 2、PIPLC処理の1C6による単球の活性化に及ぼす影響 / p39
  • 3、DAFを介する刺激の細胞内情報伝達 / p42
  • V.考察 / p50
  • VI.結語 / p55
  • VII.文献 / p56
  • VIII.謝辞 / p71
  • DECAY-ACCELERATING FACTOR FUNCTIONS AS A SIGNAL TRANSDUCING MOLECULE FOR HUMAN MONOCYTES¹ / p1758

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ヒト単球上Decay-accelerating facterの情報伝達分子としての役割
著作者等 渋谷 和子
書名ヨミ ヒト タンキュウジョウ Decay - accelerating facter ノ ジョウホウ デンタツ ブンシ ト シテ ノ ヤクワリ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想