銅酸化物高温超伝導体における電子輸送現象の研究

[目次]

  • 目次
  • 第1章 序論 / p1
  • 1-1)銅酸化物高温超伝導体の研究の現状と問題点 / p1
  • 1-2)銅酸化物高温超伝導体の電子輸送現象と超伝導 / p6
  • 1-3)本研究の目的と意義 / p10
  • 第2章 実験 / p11
  • 2-1)試料 / p11
  • 2-2)測定 / p15
  • 第3章 実験結果 / p20
  • 3-1)(Y₁-[化学式])Ba₂Cu₃[化学式]系の電子輸送現象と超伝導 / p20
  • 3-2)Bi₂Sr₂CaCU₂O₈単結晶の電子輸送現象 / p43
  • 第4章 2キャリヤモデルによる電子輸送現象の解析 / p47
  • 4-1)電子輸送現象を説明するモデル / p47
  • 4-2)電気抵抗率が直線的な温度依存性を示す場合 / p50
  • 4-3)電気抵抗率にT²依存性が見られる場合 / p60
  • 4-4)電気抵抗率に異方性が存在する場合 / p80
  • 4-5)2キャリヤモデルの妥当性についての検討 / p84
  • 第5章 議論 / p87
  • 5-1)Tc最大値周辺でのキャリヤ密度と移動度 / p87
  • 5-2)銅酸化物高温超伝導体の電子輸送現象の統一的描像 / p97
  • 5-3)電子輸送現象を説明する他のモデルとの比較 / p112
  • 第6章 結論 / p120
  • Appendix a)非線形最小2乗法について / p122
  • b)Boltzmann方程式による電気伝導現象の取扱い / p124
  • c)移動度の異方性を考慮した2キャリヤモデル / p131
  • 謝辞 / p133
  • 参考文献 / p134

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 銅酸化物高温超伝導体における電子輸送現象の研究
著作者等 本間 龍也
書名ヨミ ドウ サンカブツ コウオン チョウデンドウタイ ニ オケル デンシ ユソウ ゲンショウ ノ ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想