イットリア部分安定化ジルコニアの電気化学的還元による相転移および還元機構に関する研究

[目次]

  • 論文目録
  • 目次
  • 第1章 緒言 / p1
  • 1-1 研究の背景と目的 / p1
  • 1-2 ZrO₂に関する既往の研究 / p3
  • 1-3 本研究の研究概要 / p7
  • 図 / p9
  • 参考文献 / p14
  • 第2章 電気化学的還元および空気酸化による相転移 / p18
  • 2-1 はじめに / p18
  • 2-2 実験装置の作製と実験方法 / p18
  • 2-3 結果と考察 / p22
  • 2-4 まとめ / p29
  • 図 / p30
  • 参考文献 / p40
  • 第3章 電気化学的還元と急冷による相転移 / p42
  • 3-1 はじめに / p42
  • 3-2 実験方法 / p42
  • 3-3 結果と考察 / p44
  • 3-4 まとめ / p52
  • 図 / p54
  • 参考文献 / p63
  • 第4章 再酸化に伴う微構造変化 / p66
  • 4-1 はじめに / p66
  • 4-2 実験方法 / p66
  • 4-3 結果と考察 / p67
  • 4-4 まとめ / p75
  • 図 / p76
  • 参考文献 / p89
  • 第5章 電気化学的還元とその機構 / p91
  • 5-1 はじめに / p91
  • 5-2 実験方法 / p91
  • 5-3 結果と考察 / p92
  • 5-4 まとめ / p105
  • 図 / p106
  • 参考文献 / p117
  • 第6章 総括と今後の課題 / p119
  • 6-1 本研究の総括 / p119
  • 6-2 総合考察 / p122
  • 6-3 今後の課題 / p125
  • 謝辞 / p127

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 イットリア部分安定化ジルコニアの電気化学的還元による相転移および還元機構に関する研究
著作者等 神田 肇
書名ヨミ イットリア ブブン アンテイカ ジルコニア ノ デンキ カガクテキ カンゲン ニ ヨル ソウテンイ オヨビ カンゲン キコウ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想