応力勾配がある場合の延性破壊に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 1 緒論 / p1
  • 1.1 緒言 / p1
  • 1.2 記号 / p6
  • 2 塑性加工における破断限界ひずみの予測理論の現状と問題点 / p8
  • 2.1 緒言 / p8
  • 2.2 破断限界ひずみの従来予測理論 / p9
  • 2.3 結言 / p13
  • 3 不均-平面応力場における破断限界の解析的予測 / p14
  • 3.1 緒言 / p14
  • 3.2 不均-平面応力場における分岐解析 / p15
  • 3.3 分岐後の局所変形の解析モデルと破断基準の提案 / p29
  • 3.4 破断限界ひずみの解析的予測の手順 / p36
  • 3.5 結言 / p38
  • 4 伸びフランジ成形における破断限界ひずみの解析的予測 / p39
  • 4.1 緒言 / p39
  • 4.2 伸びフランジ成形モデルによる数値シミュレーション / p40
  • 4.3 破断限界ひずみに及ぼすひずみ勾配の影響 / p52
  • 4.4 破断限界ひずみに及ぼすせん断予ひずみの影響 / p65
  • 4.5 結言 / p72
  • 5 実験及び考察 / p73
  • 5.1 実験装置及び実験方法 / p74
  • 5.2 実験結果と考察 / p83
  • 5.3 結言 / p88
  • 6 結論 / p89

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 応力勾配がある場合の延性破壊に関する研究
著作者等 孫 勇
書名ヨミ オウリョク コウバイ ガ アル バアイ ノ エンセイ ハカイ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想