鏡面形状の画像計測に関する研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1章 総論 / p1
  • 1.1 コンピュータビジョンの枠組 / p1
  • 1.2 3次元形状復元の現状と問題点 / p3
  • 1.3 本研究の意義と論文構成 / p5
  • 第2章 鏡面と鏡面の形状計測 / p7
  • 2.1 鏡面の反射特性 / p7
  • 2.2 鏡面の形状復元 / p11
  • 2.3 鏡面の認知に関する思考実験 / p15
  • 2.4 鏡面の認知と環境 / p24
  • 2.5 本研究における鏡面の形状復元問題 / p26
  • 2.6 鏡面の形状復元に関する幾つかの拘束条件 / p27
  • 第3章 2眼視法による鏡面形状の復元 / p31
  • 3.1 復元原理 / p32
  • 3.2 復元方程式 / p34
  • 3.3.計測システム / p49
  • 第4章 単眼観測画像による鏡面形状の復元・推定 / p62
  • 4.1 ステレオ視による鏡面の形状復元手法の欠点 / p62
  • 4.2 基本方程式 / p64
  • 4.3 鏡面上既知な点が存在する場合の形状復元手法 / p67
  • 4.4 鏡面上既知な点が存在しない場合の形状復元手法 / p83
  • 4.5 計測システム / p89
  • 4.6 まとめ / p93
  • 第5章 複数の単眼視による復元結果の融合 / p94
  • 5.1 2眼視法を併用した拡張HU法 / p94
  • 5.2 複数の単眼視による復元結果を用いた融合法 / p95
  • 第6章 結論 / p99
  • 謝辞 / p101
  • 参考文献 / p102

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鏡面形状の画像計測に関する研究
著作者等 汪 増福
書名ヨミ キョウメン ケイジョウ ノ ガゾウ ケイソク ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想