核四極共鳴および核磁気共鳴のスピン格子緩和時間測定による電子スピンのダイナミックスの研究

水野元博 [著]

[目次]

  • 目次 / p1
  • 1 序 / p1
  • 2 結晶構造 / p7
  • 2-1 M(II)PtCl₆・6H₂O(M=Co²⁺,Cu²⁺,Mn²⁺,Zn²⁺)の結晶構造 / p7
  • 2-2 (NH₄)₂PbCu(N0₂)₆の結晶構造 / p8
  • 3 実験 / p12
  • 3-1 試料の合成 / p12
  • 3-2 Cu²⁺イオン濃度の決定(放射化分析) / p13
  • 3-3 塩素核四極共鳴の測定 / p15
  • 3-4 ESRスペクトルの測定 / p18
  • 3-5 ¹⁹⁵Pt NMRのスピン格子緩和時間の測定 / p19
  • 3-6 ¹H NMRのスピン格子緩和時間の測定 / p20
  • 4 理論 / p38
  • 4-1 NQRにおける常磁性イオンと核との磁気双極子相互作用による緩和 / p38
  • 4-2 NMRにおける常磁性イオンと核との磁気双極子相互作用による緩和 / p44
  • 4-3 常磁性不純物と核との磁気双極子相互作用による緩和 / p47
  • 5 結果と考察 / p51
  • 5-1 CoPtCl₆・6H₂OにおけるCo²⁺イオンの電子スピンのダイナミックス / p51
  • 5-2 CuPtCl₆・6H₂Oにおける協同的Jahn-Teller効果による構造相転移と電子スピンのダイナミックス / p79
  • 5-3 (NH₄)₂PbCu(N0₂)₆における協同的Jahn-Teller効果による構造相転移と電子スピンのダイナミックス / p91
  • 5-4 ZnPtCl₆・6H₂OにドープしたCu²⁺イオンの電子スピンのダイナミックス / p94
  • 5-5 MnPtCl₆・6H₂Oの塩素核四極共鳴 / p125
  • 付録A 八面体型結晶場中のCo²⁺イオンのスピン軌道分裂とゼーマン分裂 / p129
  • 付録B [化学式]電子状態を持つ〔CuX₆〕型錯体のJahn-Teller効果による断熱ポテンシャルと電子スピンのダイナミックス / p136
  • 謝辞 / p146
  • 参考文献 / p147
  • 副論文 / p152
  • 参考論文 / p153

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 核四極共鳴および核磁気共鳴のスピン格子緩和時間測定による電子スピンのダイナミックスの研究
著作者等 水野 元博
書名ヨミ カク シキョク キョウメイ オヨビ カク ジキ キョウメイ ノ スピン コウシ カンワ ジカン ソクテイ ニ ヨル デンシ スピン ノ ダイナミックス ノ ケンキュウ
出版元 [出版者不明]
刊行年月 [1992]
ページ数 iii, 153枚
大きさ 30cm
NCID BB1475728X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想