静止、走行時の車両重量測定法に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 第1章 緒論 / p1
  • 1.1 本研究の目的と意義 / p1
  • 1.2 本論文の概要 / p2
  • 第2章 トラックの積載重量を車軸ひずみから求める計測器に関する研究 / p6
  • 2.1 緒言 / p6
  • 2.2 基礎実験 / p6
  • 2.3 初期の性能仕様 / p16
  • 2.4 評価試験 / p16
  • 2.5 改良開発 / p20
  • 2.6 実用装置の構成 / p20
  • 2.7 自動車用電子機器としての環境試験 / p22
  • 2.8 実用装置の性能 / p22
  • 2.9 測定法 / p22
  • 2.10 実車試験 / p25
  • 2.11 荷重較正の検討 / p28
  • 2.12 実用上の応用例 / p28
  • 2.13 結語 / p28
  • 第3章 板状、可搬型車両重量計測装置の開発に関する研究 / p30
  • 3.1 緒言 / p30
  • 3.2 本装置の開発目標 / p30
  • 3.3 軸重検出装置の開発 / p30
  • 3.4 指示・記録装置の信号処理法 / p37
  • 3.5 評価試験 / p41
  • 3.6 システム構成と性能 / p43
  • 3.7 使用状況 / p43
  • 3.8 結語 / p43
  • 第4章 走行車両の軸重量を計測するための車両振動と路面間の調査研究(走行中の車両のばね上加速度と軸重の測定) / p46
  • 4.1 緒言 / p46
  • 4.2 走行中の車両軸重の理論 / p46
  • 4.3 軸重測定法の検討 / p53
  • 4.4 調査方法 / p57
  • 4.5 高速道路における車両ばね上加速度と変動軸重の調査と解析 / p62
  • 4.6 車種の変化と走行軸重の関係 / p72
  • 4.7 結語 / p74
  • 第5章 道路に設置した軸重検出装置による走行車両軸重の測定法の研究開発 / p75
  • 5.1 緒言 / p75
  • 5.2 軸重計測装置の原理と構造 / p79
  • 5.3 軸重計測装置のシステム構成と機能 / p87
  • 5.4 軸重計測装置の運用 / p95
  • 5.5 軸重計測装置の利用。交通量、軸重分布の解析 / p100
  • 5.6 結語 / p103
  • 第6章 結論 / p104
  • 6.1 本研究の成果 / p104
  • 6.2 本研究の社会的役割 / p106
  • 謝辞 / p107
  • 参考文献 / p108

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 静止、走行時の車両重量測定法に関する研究
著作者等 野尻 芳郎
書名ヨミ セイシ ソウコウジ ノ シャリョウ ジュウリョウ ソクテイホウ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想