韓国における近代建築の受容及び発展過程に関する研究 : 日本との関係を中心として

[目次]

  • 目次
  • 凡例
  • 序章 問題の所在及び研究史 / p1
  • 第1章 近代建築変遷過程の時代区分及び流人系統 / p6
  • 第1節 時代区分 / p6
  • 第2節 流入系統 / p9
  • 第2章 朝鮮の開国と近代建築の流人 / p14
  • 第1節 外国人居留地の洋風建築 / p14
  • 第2節 小結 / p22
  • 第3章 朝鮮人自らの近代建築取り入れ事業 / p26
  • 第1節 政府主導の建築一富国強兵政策の下で / p26
  • 第2節 民間の建築 / p32
  • 第3節 小結 / p34
  • 第4章 度支部建築所の組織及び事業 / p37
  • 第1節 度支部建築所の設立過程 / p38
  • 第2節 度支部建築所の組織 / p40
  • 第3節 度支部建築所の事業 / p45
  • 第4節 小結 / p55
  • 第5章 日韓併合後の日本系統の建築 / p59
  • 第1節 総督府建築関係部署 / p59
  • 第2節 総督府建築関係部署の事業 / p67
  • 第3節 民間における日本系統の建築関連会社及び技術者 / p70
  • 第4節 朝鮮における建築界構成員について / p77
  • 第6章 ミッション系統の建築 / p83
  • 第1節 カトリック系の建築 / p83
  • 第2節 プロテスタント系の建築 / p89
  • 第3節 小結 / p92
  • 第7章 近代建築教育と朝鮮人建築家の誕生 / p98
  • 第1節 官立京城高等工業学校の建築教育 / p98
  • 第2節 其の他の教育機関 / p109
  • 第3節 海外への建築留学 / p112
  • 第4節 朝鮮人建築家の誕生 / p113
  • 第5節 小結 / p114
  • 第8章 モダニズム・スタイル建築の発達-『朝鮮と建築』記事の分析を通して- / p116
  • 第1節 朝鮮でのモダニズム・スタイル建築の発達背景 / p116
  • 第2節 記事の分析 / p117
  • 第3節 口絵欄の図分析 / p119
  • 第4節 小結 / p121
  • まとめ / p122
  • あとがき / p125
  • 謝辞 / p127
  • 論文内容要旨 / p128
  • 付録1 韓国近代建築関係者 / p133
  • 付録2 設計者国籍別作品分類表 / p134

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 韓国における近代建築の受容及び発展過程に関する研究 : 日本との関係を中心として
著作者等 尹 仁石
書名ヨミ カンコク ニ オケル キンダイ ケンチク ノ ジュヨウ オヨビ ハッテン カテイ ニ カンスル ケンキュウ : ニホン ト ノ カンケイ オ チュウシン ト シテ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想