マルクス主義への道 : ロシアの革命的一労働者の手記

シャポワロフ 著 ; 高山洋吉 訳

[目次]

  • 目次
  • 序にかえて
  • 第二版への序
  • 第三版への序
  • 第一部 マルクス主義への道
  • はしがき / 15
  • 私の少年時代 / 16
  • 中級修理工として鉄道工場にはいる-徒弟時代 / 25
  • 大錠前工場にはいる / 32
  • 宗教上の体験 / 35
  • 労働者夜学校 / 48
  • 宗教と関係を断つ / 56
  • 社会主義者をもとめて / 59
  • 『民意』派にはいる / 68
  • ラハタ印刷所 / 78
  • マルクス主義者との邂逅 / 87
  • 闘争同盟にはいる / 91
  • 一八九六年のペテルブルグの織工ストライキ / 101
  • ストライキがおわり、逮捕さる / 118
  • 第二部 ツァールの監獄にて-一八九六年六月から一八九八年春まで-
  • ペトロ=パブロフスク要塞のトゥルベツコイ稜堡 / 125
  • 訊問と獄中生活 / 136
  • 「いまにおまえをわれわれのいいなり次第にしてみせる」と憲兵がいう / 141
  • 本は一冊もなく、あるものは聖書だけ / 146
  • 暗室にて / 152
  • 訊問にさいしてはいかなる態度をとるべきか / 161
  • 未決監 / 173
  • ペテルブルグ兵站監獄とモスクワ=ブティルスク監獄の時計塔 / 181
  • 第三部 シベリア追放
  • 追放 / 203
  • ミヌシンスク / 219
  • ミヌシンスクからテッシーへ / 226
  • 到着 / 229
  • テッシー村の生活 / 237
  • レーニンとの知遇 / 282
  • レーニンのテッシー到着 / 289
  • イェルマコフ村行 / 298
  • シュシェンのレーニン宅の捜索 / 306
  • シベリア最後の年 / 308
  • 訳者のあとがき / 319

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マルクス主義への道 : ロシアの革命的一労働者の手記
著作者等 Shapovalov, A. S.
Shapovalov, Aleksandr Sidorovich
高山 洋吉
シャポワロフ
書名ヨミ マルクス シュギ エノ ミチ : ロシア ノ カクメイテキ イチ ロウドウシャ ノ シュキ
出版元 恒文社
刊行年月 1965
ページ数 322p
大きさ 19cm
NCID BN13456318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65004290
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想