「冥祥記」研究(附校勘記)

[目次]

  • 目次
  • はじめに / p1
  • 第一部(中文)
  • 第一章 王琰與著『冥祥記』 / p1
  • 一、關於作者王琰 / p1
  • 二、『冥祥記』成書年代 / p1
  • 三、關於『冥祥記』自序 / p1
  • 第二章 定本作成過程 / p7
  • 一關於定本、対校本 / p7
  • 二、關於『冥祥記』佚文總数 / p8
  • 三、關於「王奐」條 / p9
  • 四、故事分類和順序 / p11
  • 『冥祥記』定本(附校勘記)
  • 第二部(日文)
  • 第一章 六朝応験記の流伝形態 / p1
  • 一、『冥祥記』という書物のとらえられ方 / p1
  • 二、傅亮『光世音応験記』について / p2
  • 三、応験記流伝形態 / p2
  • 第二章 『冥祥記』の著述態度 / p8
  • 一、年月日の特定 / p8
  • 二、目撃者の存在 / p10
  • 三、他者の記録による証明 / p11
  • 四、同時代性 / p11
  • 第三章 『冥祥記』故事分類別考察 / p16
  • 一、仏教伝来 / p16
  • 二、死後顕現 / p16
  • 三、蘇活 / p18
  • 四、怪異、神異 / p28
  • 五、高僧 / p29
  • 六、観音経応験 / p30
  • 七、虚偽信仰 / p33
  • 八、悪報 / p34
  • 九、その他 / p35
  • 結び / p37

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 「冥祥記」研究(附校勘記)
著作者等 山本 景子
書名ヨミ メイショウキ ケンキュウ ( フ コウカンキ )
刊行年月 [2000]
言語 日本語
中国語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想