血管新生阻害剤の開発に有用な新規in vivo評価モデルの確立および新規血管新生阻害剤の評価におけるモデルの応用

[目次]

  • 論文目録
  • 学位論文内容要旨
  • 目次
  • 第1章 序 / p1
  • 第2章 同系マウスにおけるmurine Colon 38 tumor腫瘍片を用いた同所再建モデルの確立 / p4
  • 2-1 序 / p4
  • 2-2 結果 / p5
  • 2-3 考察 / p8
  • 第3章 チューブリン重合阻害に基づく新規抗癌剤E7010の同系マウスにおけるColon 38腫瘍同所再建モデルにおける抗転移作用および延命効果の評価 / p10
  • 3-1 序 / p10
  • 3-2 結果
  • 3-3 考察 / p13
  • 第4章 マウス背部皮下法の改良による、定量的および簡便な新規in vivo腫瘍血管新生モデルの確立 / p16
  • 4-1 序 / p16
  • 4-2 結果 / p17
  • 4-3 考察 / p24
  • 第5章 新規血管新生阻害剤borrelidineの薬理作用に関する検討 / p27
  • 5-1 序 / p27
  • 5-2 結果 / p27
  • 5-3 考察 / p32
  • 第6章 新規血管新生阻害剤luminacinの薬理作用に関する検討 / p34
  • 6-1 序 / p34
  • 6-2 結果 / p34
  • 6-3 考察 / p39
  • 第7章 総括 / p41
  • 第8章 実験法 / p46
  • 謝辞 / p55
  • 引用文献 / p56
  • Rapid Development of Hepatic Metastasis With High Incidence Following Orthotopic Transplantation of Murine Colon 38 Carcinoma as Intact Tissue in Syngeneic C57BL/6 Mice / p83
  • Establishment of a Quantitative Mouse Dorsal Air Sac Model and its Application to Evaluate a New Angiogenesis Inhibitor / p319
  • Effect of E7010 on liver metastasis and life span of syngeneic C57BL/6 mice bearing orthotopically transplanted murine Colon 38 tumor / p1
  • Borrelidin is an Angiogenesis Inhibitor
  • Disruption of Angiogenic Capillary Vessels in a Rat Aorta Matrix Culture Model / p671
  • Luminacins:A Family of Capillary Tube Formation Inhibitors from Streptomyces sp. / p579
  • I.Taxonomy,Fermentation,Isolation,Physico-chemical Properties and Structure Elucidation / p579
  • Luminacins:A Family of Capillary Tube Formation Inhibitors from Streptomyces sp. / p591
  • II.Biological Activities / p591

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 血管新生阻害剤の開発に有用な新規in vivo評価モデルの確立および新規血管新生阻害剤の評価におけるモデルの応用
著作者等 船橋 泰博
書名ヨミ ケッカン シンセイ ソガイザイ ノ カイハツ ニ ユウヨウ ナ シンキ in vivo ヒョウカ モデル ノ カクリツ オヨビ シンキ ケッカン シンセイ ソガイザイ ノ ヒョウカ ニ オケル モデル ノ オウヨウ
刊行年月 2000
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想