ジャン・バロワ

ロジェ・マルタン・デュ・ガール 著 ; 山内義雄 訳

[目次]

  • 目次
  • 第一部
  • 生きる喜び
  • 一 ジャンの枕頭での、ドクトルとその母親と / 14
  • 二 ドクトル、ジャンに《生きること》を決心させる / 16
  • 三 バロワ夫人の死 / 21
  • 四 ジャン、彼の最初の懐疑についてジョジエ司祭に相談する / 22
  • 五 子供のころのジャンとセシール / 27
  • 象徴的妥協
  • 一 パリでの学生生活についてのジャンの手紙 / 30
  • 二 カトリック教の難問についてのジャンとシェルツ司祭の対話 / 31
  • 三 それから二年ののち、シェルツ司祭宛のジャンの手紙 / 47
  • 指輪
  • 一 ジャン、父重態の報に接す / 49
  • 二 父の死にあたって、ジャン、ビュイに帰省 / 52
  • 三 ジャンの婚約についてのジャン宛のシェルツ司祭の手紙 / 58
  • 一 ジャン、結婚後二年、シェルツ司祭にたいし、無宗教的な気持の発展について述べる / 60
  • 二 ノートル・ダム・デ・ヴィクトワールでの九日祈禱 / 65
  • 三 女に関するジャンの感想 / 72
  • 四 ジョジエ司祭との散歩。結婚と信仰 / 73
  • 解消
  • 一 ヴァンセスラス高等中学校での『生物変形論』の講義 / 82
  • 二 自由思想会議についてのセシールとジャンの争論 / 86
  • 三 ジャンの辞職をめぐっての、パクラン夫人とセシール、ジャンとの争論 / 89
  • 四 ロンドンでの会議『信仰の全面的動揺の原因』 / 94
  • 五 女子が産まれたのち、ジャン、ふたたびビュイに姿をあらわす / 98
  • 六 セシールとジャンとの最後の口論 / 100
  • 七 解消確認の公証人の手紙 / 103
  • 第二部
  • 『種蒔く人』
  • 一 ジャン、ブレイユ・ゾエジェにあてて、絶対自由の身になったことを知らせる / 106
  • 二 『種蒔く人』創刊のための、バロワの友人たちの会合 / 107
  • 三 『種蒔く人』創刊号発行ののち、バロワ、リュスを訪問する / 123
  • 嵐の先ぶれ
  • 一 《事件》の最初の兆候 / 130
  • 二 ウォルスミュート、バロワに、ベルナール・ラザールの弁論を読んできかせる / 134
  • 三 リュス、バロワに、『種蒔く人』に宣言をのせたい意向を話す / 150
  • 一 ゾラ裁判に先だち、『種蒔く人』社の集会。窓下に暴徒の群れ / 157
  • 二 ゾラ裁判第二回公判 / 163
  • 三 アンリ大佐の自殺 / 182
  • 四 レンヌ軍法会議を中心として。ドイツの抗議 / 187
  • 五 レンヌより帰る / 202
  • 六 一九〇〇年の博覧会。リュス、《事件》を弔うの言葉を述べる / 207
  • 一 バロワの生活についてのインターヴュー / 212
  • 二 トロカデロでの講演『無信仰の将来』 / 213
  • 三 危禍。危うく死をのがれること。遺言書 / 223
  • 第三部
  • ひび
  • 一 バロワ、別居後数年、ジョジエ司祭の訪問をうく / 230
  • 二 ゾラの遺骨をパンテオンヘ / 234
  • 一 マリー、父の許に来ることを申し出る / 241
  • 二 マリー、パリに来る / 244
  • 三 バロワ、娘の信仰を知る / 248
  • 四 マリーの天職について、リュスへの手紙 / 256
  • 五 パクラン夫人の死。バロワ、マリーをビュイに伴い帰る / 258
  • 六 バロワ、肋膜炎を病む / 262
  • 危機の年
  • 一 バロワと若き自由思想家との意見対立。カトリック青年に関してのバロワのアンケート / 266
  • 二 マリー、修道女となるに先だち、父に別れを告げにくる / 282
  • 三 バロワ、『種蒔く人』の主筆辞任の旨をリュスに言いおくる / 285
  • 四 マリーの着衣式 / 292
  • 薄暮
  • 一 ふたたびビュイに住むこととなったバロワ、レヴィー司祭の訪問をうく / 296
  • 二 レヴィー司祭の日記。バロワの信仰の発展 / 300
  • 三 バロワの回心 / 307
  • 四 リュス、最後にビュイを訪れる / 310
  • 五 リュスの死を報ずるウォルスミュートの手紙 / 315
  • 六 バロワの死 / 318
  • 訳者あとがき / 321

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ジャン・バロワ
著作者等 Martin du Gard, Roger
山内 義雄
ロジェ・マルタン・デュ・ガール
書名ヨミ ジャン バロワ
書名別名 Jan barowa
出版元 白水社
刊行年月 1965
ページ数 326p 図版
大きさ 21cm
NCID BN09914168
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65004012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想