Effects of the novel antipsychotic 7-{4-[4-(2,3-dichlorophenyl)-1-piperazinyl]butyloxy}-3,4-dihydro-2(1H)-quinolinone (OPC-14597) on prolactin release from the rat anterior pituitary gland

博士論文;授与名簿のタイトル: Effects of a novel antipsychotic agent OPC-14597 on prolactin release from rat anterior pituitary gland (新しい抗精神病薬OPC-14597のラット下垂体前葉よりのプロラクチン分泌に対する作用);博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 Effects of the novel antipsychotic 7-{4-[4-(2,3-dichlorophenyl)-1-piperazinyl]butyloxy}-3,4-dihydro-2(1H)-quinolinone (OPC-14597) on prolactin release from the rat anterior pituitary gland
著作者等 Tsutomu Inoue
井上 勉
書名別名 新しい抗精神病薬OPC-14597のラット下垂体前葉よりのプロラクチン分泌に対する作用
刊行年月 [1995]
言語 英語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想