尿毒症物質3-carboxy-4-methyl-5-propyl-2-furanpropanoic acidの動態特性に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 第1章 緒論 / p1
  • 第2章 3-carboxy-4-methyl-5-propyl-2-furanpropanoic acidの体内動態 / p7
  • 第1節 序 / p7
  • 第2節 結果 / p7
  • 2-1 CMPFの血漿中濃度推移 / p7
  • 2-2 CMPFの尿中及び胆汁中排泄 / p9
  • 2-3 CMPFの体内動態の用量依存性 / p9
  • 2-4 CMPFの臓器分布 / p11
  • 第3節 考察 / p11
  • 第4節 小括 / p15
  • 第3章 3-carboxy-4-inethyl-5-propyl-2-furanpropanoic acidの腎臓における挙動 / p16
  • 第1節 序 / p16
  • 第2節 結果 / p16
  • 2-1 腎スライスによるCMPFの取り込み / p16
  • 2-2 CMPFの腎取り込みに及ぼすp-アミノ馬尿酸(PAH)及びテトラエチルアンモニウム(TEA)の影響 / p18
  • 2-3 PAHの腎取り込みに及ぼすCMPFの影響 / p19
  • 2-4 CMPFの腎取り込みに及ぼすα-ケトグルタル酸の影響 / p20
  • 2-5 CMPFの腎取り込みに及ぼす各種有機アニオン系化合物の影響 / p21
  • 第3節 考察 / p22
  • 第4節 小括 / p25
  • 第4章 フロセミドの体内動態に及ぼす3-carboxy-4-methyl-5-propyl-2-furanpropanoic acid の影響 / p27
  • 第1節 序 / p27
  • 第2節 結果 / p27
  • 2-1 フロセミドの血漿中濃度推移に及ぼすCMPF併用投与の影響 / p27
  • 2-2 蛋白結合における相互作用 / p29
  • 2-3 尿中排泄における相互作用 / p30
  • 2-4 フロセミドの腎取り込みに及ぼすCMPFの影響 / p31
  • 2-5 フロセミドの薬理効果に及ぼすCMPFの影響 / p32
  • 第3節 考察 / p33
  • 第4節 小括 / p35
  • 第5章 3-carboxy-4-methyl-5-propyl-2-furanpropanoic acidとビリルビンの相互作用 / p36
  • 第1節 序 / p36
  • 第2節 結果 / p36
  • 2-1 尿毒症物質濃度と遊離ビリルビン濃度 / p36
  • 2-2 HSA分子上における尿毒症物質とビリルビンの相互作用 / p38
  • 2-3 CMPFとビリルビンとの相互作用様式 / p39
  • 第3節 考察 / p40
  • 第4節 小括 / p42
  • 第6章 3-carboxy-4-methyl-5-propyl-2-furanpropanoic acid及びビリルビンのHSA分子上における結合領域 / p44
  • 第1節 序 / p44
  • 第2節 結果 / p45
  • 2-1 化学修飾による影響 / p45
  • 2-2 pH変化による影響 / p46
  • 2-3 結合性のpH変化に及ぼすHis残基修飾の影響 / p47
  • 2-4 ジカルボン酸含有リガンドのカルボキシル基間の距離 / p48
  • 2-5 蛍光置換実験 / p49
  • 第3節 考察 / p51
  • 第4節 小括 / p53
  • 第7章 総括 / p55
  • 実験の部 / p58
  • 謝辞 / p74
  • 参考文献 / p75

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 尿毒症物質3-carboxy-4-methyl-5-propyl-2-furanpropanoic acidの動態特性に関する研究
著作者等 堤 泰寛
書名ヨミ ニョウドクショウ ブッシツ 3 - carboxy - 4 - methyl - 5 - propyl - 2 - furanpropanoic acid ノ ドウタイ トクセイ ニ カンスル ケンキュウ
書名別名 Pharmacokinetic study of 3-carboxy-4-methyl-5-propyl-2-furanpropanoic acid
刊行年月 2000
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想