核融合装置用大出力負イオン源の開発とその応用

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1章 緒言 / p1
  • 1.1 研究の背景 / p1
  • 1.2 NBI用負イオン源開発の歴史と本論文の位置付け / p5
  • 1.3 NBI用負イオン源開発のための研究課題 / p6
  • 1.4 核融合以外への応用のための負イオン源の開発課題 / p10
  • 第2章 磁気フィルターを使用したバケット型イオン源による大電流負イオンビーム生成 / p11
  • 2.1 はじめに / p11
  • 2.2 磁気フィルターを用いた負イオンの体積生成方式 / p13
  • 2.3 セシウムによる負イオン生成効率向上の方法 / p16
  • 2.4 LHD用負イオン源の1/3サイズプロトタイプの構造 / p19
  • 2.5 実験方法 / p23
  • 2.6 実験結果と検討 / p25
  • 2.7 まとめ / p38
  • 第3章 負イオン源での磁場によるビーム偏向とその補正 / p40
  • 3.1 はじめに / p40
  • 3.2 ビーム偏向の解析の方法 / p41
  • 3.3 ビーム偏向の理論計算 / p48
  • 3.4 3次元ビーム軌道シミュレーション / p52
  • 3.5 まとめ / p55
  • 第4章 大面積負イオン源におけるビームの集束と偏向補正 / p56
  • 4.1 はじめに / p56
  • 4.2 大面積負イオン源の構造 / p58
  • 4.3 ビーム偏向補正と集束用の軸ずれ設定のための解析手法 / p60
  • 4.4 解析手法の大面積負イオン源への適用 / p70
  • 4.5 考察 / p79
  • 4.6 まとめ / p85
  • 第5章 負イオン源技術の産業用プロセスへの応用 / p87
  • 5.1 はじめに / p87
  • 5.2 実験装置および実験方法 / p89
  • 5.3 実験結果と検討 / p95
  • 5.4 まとめ / p107
  • 第6章 結言 / p109
  • 謝辞 / p111
  • 参考文献 / p113

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 核融合装置用大出力負イオン源の開発とその応用
著作者等 田中 政信
書名ヨミ カク ユウゴウ ソウチヨウ ダイシュツリョク フ イオン ゲン ノ カイハツ ト ソノ オウヨウ
刊行年月 2000
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想