容器内回転円板により誘起される粘弾性流体の流れに関する研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 主な記号 / p3
  • 第1章 緒論 / p1
  • 1・1 本研究の意義と目的 / p1
  • 1・2 本研究に関連する過去の研究概要 / p2
  • 1・3 本論文の構成 / p4
  • 第2章 数値計算方法および実験方法 / p6
  • 2・1 数値計算方法 / p6
  • 2・2 実験方法 / p9
  • 第3章 Giesekus流体の流れの数値シミュレーション / p18
  • 3・1 緒言 / p18
  • 3・2 二次流れパターン / p19
  • 3・3 二次流れパターンの整理 / p21
  • 3・4 速度分布 / p22
  • 3・5 結言 / p23
  • 第4章 ポリアクリルアミド水溶液の流れ / p30
  • 4・1 緒言 / p30
  • 4・2 レオロジー特性 / p30
  • 4・3 速度分布 / p31
  • 4・4 二次流れ / p33
  • 4・5 二次流れの整理 / p37
  • 4・6 中心軸付近の非定常現象および逆回転運動 / p39
  • 4・7 跳ね戻り現象の周方向速度成分の分布 / p40
  • 4・8 結言 / p41
  • 第5章 高粘度シリコーンオイルの流れ / p68
  • 5・1 緒言 / p68
  • 5・2 対流項の差分スキームと計算限界 / p68
  • 5・3 レオロジー特性 / p69
  • 5・4 周方向速度成分の分布 / p70
  • 5・5 二次流れ / p71
  • 5・6 軸スラスト係数とモーメント係数 / p72
  • 5・7 結言 / p73
  • 第6章 結論 / p86
  • 参考文献 / p89
  • 謝辞 / p98
  • Appendix A 構成方程式モデル / p100
  • A・1 Giesekus model / p100
  • A・2 Phan Thien-Tanner model / p102
  • A・3 Modified Giesekus model / p104
  • A・4 Power-law model / p105
  • A・5 単純せん断流れ特性 / p107
  • Appendix B レオロジー特性の測定 / p108
  • B・1 細管粘度計によるせん断粘度測定の原理 / p108
  • B・2 円すい・円板型粘度計によるせん断粘度測定の原理 / p110
  • B・3 円すい・円板型レオメータによる第一法線応力差測定の原理 / p111
  • Appendix C 粒子追跡法による流速測定 / p112
  • C・1 4時刻追跡法 / p112

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 容器内回転円板により誘起される粘弾性流体の流れに関する研究
著作者等 諸井 隆宏
書名ヨミ ヨウキナイ カイテン エンバン ニ ヨリ ユウキサレル ネンダンセイ リュウタイ ノ ナガレ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想