記号的処理とパターン的処理の統合に関する研究

[目次]

  • もくじ / p1
  • 1 序論 / p5
  • 1.1 問題提起:語ることのできない知識 / p6
  • 1.2 記号的処理とパターン的処理 / p7
  • 1.3 法律システムの分析からの示唆 / p12
  • 1.4 記号的処理とパターン的処理の統合の研究地図 / p19
  • 1.5 本研究の位置づけと本論文の構成 / p29
  • 2 記号的処理とパターン的処理の相互作用 / p31
  • 2.1 意識レベルの処理と無意識レベルの処理 / p31
  • 2.2 意識レベルの処理と無意識レベルの処理の認知モデル / p32
  • 2.3 両レベルの処理の相互作用により説明できる現象 / p34
  • 2.4 心理学実験からのデータ / p35
  • 2.5 問題解決的な想起 / p36
  • 2.6 規則の使い方の例からの学習と'規則に基づく認識推論' / p44
  • 2.7 帰納的学習の認知モデル-意識処理/無意識処理の観点から / p51
  • 2.8 創造的な推論 / p53
  • 2.9 並列論理型言語によるシミュレーション / p57
  • 2.10 複合システムのための知識獲得 / p61
  • 3 規則的な例と例外の学習 / p63
  • 3.1 規則的な例と例外とを自動的に分担して学習するGLLL1 / p63
  • 3.2 ノイズに対応した複合モデルGLLL2 / p69
  • 3.3 規則、例記憶、分散表現の3つのモジュールからなる複合モデルTRIAD / p77
  • 4 記号-パターン間の相互変換 / p87
  • 4.1 競合的な局所基底ニューラルネットワークへの規則の埋め込みと精密化 / p88
  • 4.2 競合的な局所基底ニューラルネットワークによる連続関数の疑似分節化 / p98
  • 5 記号的処理とパターン的処理の融合に向けて / p109
  • 5.1 背景および解決しようとする問題 / p110
  • 5.2 モジュールの組合せによる意識レベルの処理のモデル / p111
  • 5.3 今後の展望 / p114
  • 6 総括 / p117
  • 謝辞 / p121
  • 参考文献 / p123
  • 発表論文目録 / p135

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 記号的処理とパターン的処理の統合に関する研究
著作者等 岡 夏樹
書名ヨミ キゴウテキ ショリ ト パターンテキ ショリ ノ トウゴウ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想