自然環境アセスメントにおける評価基準の設定に関する研究

[目次]

  • 目次
  • はじめに / p1
  • 第1章 序論 / p5
  • 1.研究の背景及び目的 / p7
  • 2.研究方法 / p12
  • 3.既存研究と本研究の位置づけ / p14
  • 第2章 環境アセスメントに対する考え方 / p19
  • 1.環境アセスメントに対する考え方の類型化とその変遷 / p21
  • 2.環境アセスメントに対する本研究での考え方 / p47
  • 第3章 我が国の環境アセスメントにおける評価方法と評価基準の位置づけ / p50
  • 1.我が国の環境アセスメントにおける評価方法の特徴 / p53
  • 2.我が国における保全目標を評価基準とする評価方法の導入の経緯 / p69
  • 3.本研究の目標とする望ましい評価基準の考え方 / p78
  • 第4章 自然環境アセスメントにおける評価基準の設定の現状と課題 / p85
  • 1.環境基本法の成立と評価基準に対する要請の変化 / p89
  • 2.評価基準として設定されてきた保全目標の実態分析 / p96
  • 第5章 自然環境アセスメントにおける評価基準の設定のための技術手順の提案 / p137
  • 1.設定すべき評価基準 / p140
  • 2.評価基準の設定を合目的的に実施するための技術手順 / p161
  • 第6章 結論と今後の課題 / p189
  • 1.本研究の結論 / p191
  • 2.今後の課題 / p194
  • あとがき / p196
  • 要旨 / p198
  • 引用並びに参考文献 / p202
  • 図表目次 / p208
  • Summary / p211
  • 参考資料 / p215
  • (1)環境影響評価に係る調査、予測及び評価のための基本的事項 / p215
  • (2)今後の環境影響評価制度の在り方について(答申) / p218
  • (3)環境影響評価法の規定に基づく基本的事項 / p232
  • (4)都道府県及び政令指定都市の環境影響評価条例及び要綱の制定状況 / p238

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 自然環境アセスメントにおける評価基準の設定に関する研究
著作者等 東海林 克彦
書名ヨミ シゼン カンキョウ アセスメント ニ オケル ヒョウカ キジュン ノ セッテイ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想