相互結合線路上の伝搬特性のディジタル解析法(Digital Analytical Method for the Propagation Characteristics on Mutually Coupling Lines)

[目次]

  • 目次
  • 第1章 論文の概要 / p1
  • 1.1 本研究の対象 / p1
  • 1.2 本研究における新解析方法 / p6
  • 1.3 本論文の構成 / p9
  • 第2章 平衡ケーブルによるパルス伝送と漏話雑音の検討 / p11
  • 2.1 平衡ケーブルによるパルス伝送システムの特性 / p11
  • 2.2 平衡ケーブルの伝送特性 / p12
  • 2.3 FEXT減衰量の周波数領域特性 / p13
  • 2.4 NEXT減衰量の周波数領域特性 / p13
  • 2.5 等化器E(f)の特性 / p14
  • 2.6 遠端及び近端漏話のパルス応答の振幅特性 / p17
  • 2.7 漏話雑音エネルギー / p22
  • 2.8 伝送システムの誤り率 / p26
  • 2.9 従来の漏話特性の解析方法 / p27
  • 2.10 従来の解析方法の制限と欠点 / p34
  • 第3章 漏話・結合分布に標本化定理の適用 / p35
  • 3.1 標本化定理による結合分布モデルの設定 / p35
  • 3.2 標本化関数の収斂性の改善 / p37
  • 3.3 帯域(最高周波数)の異なる結合分布波形間の相互変換 / p42
  • 第4章 伝送線路の漏話特性の解析におけるディジタル方法の検討 / p53
  • 4.1 平衡ケーブルの直接漏話特性の解析 / p53
  • 4.2 平衡ケーブルの間接漏話特性の解析 / p66
  • 4.3 漏話の計算値と測定値の比較 / p81
  • 4.4 漏話雑音エネルギーとそのスペクトル / p86
  • 第5章 相互結合線路上の伝搬特性のディジタル解析法 / p89
  • 5.1 相互結合線路のディジタルフローグラフの設定 / p89
  • 5.2 微分方程式と差分方程式の比較 / p91
  • 5.3 3本双方向結合線路の一般解 / p102
  • 5.4 4本双方向結合線路の伝搬特性の解析 / p104
  • 第6章 結論 / p108
  • 6.1 本論文の有効性 / p108
  • 6.2 今後の研究指針 / p109
  • 謝辞 / p111
  • 参考文献 / p112
  • 著者発表論文一覧 / p1167

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 相互結合線路上の伝搬特性のディジタル解析法(Digital Analytical Method for the Propagation Characteristics on Mutually Coupling Lines)
著作者等 楊暁冬
書名別名 相互 結合線 路上 伝搬 特性 ディジタル 解析法 Digital Analytical Method Propagation Characteristics Mutually Coupling Lines
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想