帆走艇セール設計へのCFDシミュレーションの応用に関する研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 1 緒言 / p15
  • 1.1 帆走艇セールの空力的特性 / p16
  • 1.2 帆走艇セールの研究の現状 / p17
  • 1.3 帆走艇セールの設計の現状 / p18
  • 1.4 本研究の目的及び構成 / p19
  • 2 数値解析法 / p21
  • 2.1 移動格子における有限体積法 / p21
  • 2.2 境界条件 / p38
  • 2.3 乱流モデル / p38
  • 3 接合格子法 / p41
  • 3.1 スループリグの形状 / p41
  • 3.2 接合格子法 / p45
  • 3.3 保存性の検討 / p56
  • 4 乱流モデルの選定とチューニング / p59
  • 4.1 SGSモデル / p61
  • 4.2 Baldwin-Lomaxモデル / p62
  • 4.3 Johnson-Kingモデル / p63
  • 4.4 Two Layer SGS モデル / p66
  • 4.5 計算結果及び検討 / p69
  • 5 数値計算法の評価と典型的なセールの性能評価 / p86
  • 5.1 座標系及び用語定義 / p86
  • 5.2 セール形状決定法及び計算条件 / p91
  • 5.3 格子影響の検討 / p95
  • 5.4 数値計算法の水槽試験との比較 / p100
  • 5.5 二枚翼干渉のメカニズム / p125
  • 5.6 風向角変化による性能変化 / p140
  • 6 セール設計法 / p145
  • 6.1 概要 / p145
  • 6.2 有限要素法ソフトと形状設計CADによる弾性セールの形状決定 / p148
  • 6.3 性能の解析法 / p150
  • 6.4 性能の評価法 / p152
  • 6.5 帆走艇全体性能評価法との関係 / p154
  • 7 プロファイルの性能への影響 / p156
  • 7.1 緒言 / p156
  • 7.2 形状決定及び計算条件 / p158
  • 7.3 計算結果及び考察 / p160
  • 8 ドラフト・ツイスト角の性能への影響 / p173
  • 8.1 緒言 / p173
  • 8.2 形状決定及び計算条件 / p174
  • 8.3 計算結果及び考察 / p177
  • 9 風向角・風速の変化する状態のシミュレーション / p185
  • 9.1 緒言 / p185
  • 9.2 形状決定及び計算条件 / p186
  • 9.3 計算結果及び考察 / p190
  • 10 結論 / p196

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 帆走艇セール設計へのCFDシミュレーションの応用に関する研究
著作者等 李永雨
書名別名 帆走艇 セール 設計 CFD シミュレーション
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想