ゲーテのイタリア旅行前後 : 「古典主義」の生成をめぐって

[目次]

  • 目次 / p1
  • 序にかえて-ゲーテとイタリアの風景 / p2
  • 第1部 われもまたアルカディアにあり / p8
  • 第1章 『旅日記』から『イタリア紀行』へ / p9
  • 第2章 ゲーテのパラーディオ「巡礼」 / p26
  • 第3章 「古典の土地」シチリアの旅 / p37
  • 第1部:テクストと注 / p49
  • 第2部 ゲーテのイタリア美学 / p54
  • 第1章 模倣・手法・様式 / p55
  • 第2章 『ローマのカーニヴァル』をめぐって / p77
  • 第3章 『植物のメタモルフォーゼを説明する試み』の言語表現 / p89
  • 第2部:テクストと注 / p102
  • 第3部 革命と戦争に背を向けて / p107
  • 第1章 色彩研究 / p108
  • 第2章 精神のモルフォロギーとしての『色彩論・歴史篇』 / p119
  • 第3章 ゲーテの自然研究とフランス革命 / p135
  • 第3部:テクストと注 / p144
  • 第4部 シラー・ローマン派 / p148
  • 第1章 ローマン派との接点-自然研究と言語 / p149
  • 第2章 『色彩論』成立史におけるシラーの関与をめぐって / p160
  • 第4部:テクストと注 / p176
  • むすびにかえて-ゲーテの帽子 / p180
  • 文献一覧 / p187

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ゲーテのイタリア旅行前後 : 「古典主義」の生成をめぐって
著作者等 林 正則
書名ヨミ ゲーテ ノ イタリア リョコウ ゼンゴ : コテン シュギ ノ セイセイ オ メグッテ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想