円筒ウォーム歯車の接触状態の可視化と歯面修整法に関する研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1章 緒論 / p1
  • 1・1 ウォーム歯車の現状 / p4
  • 1・2 ウォーム歯車の問題点 / p10
  • 1・3 コンピュータ援用技術 / p13
  • 1・4 本研究の目的 / p14
  • 1・5 本論文の内容 / p16
  • 第1章の参考文献 / p18
  • 第2章 歯車接触理論 / p19
  • 2・1 従来の歯車接触理論 / p19
  • 2・2 要素除去法 / p24
  • 2・3 第2章のまとめ / p28
  • 第2章の参考文献 / p29
  • 第3章 ウォーム歯車の接触状態の可視化 / p30
  • 3・1 歯車の歯面形状 / p30
  • 3・2 ワイヤフレームデータ / p36
  • 3・3 歯面の等高線表示 / p43
  • 3・4 接触すきま / p47
  • 3・5 かみあいすきま / p50
  • 3・6 第3章のまとめ / p51
  • 第3章の参考文献 / p52
  • 第4章 I形円筒ウォーム歯車の接触状態解析 / p53
  • 4・1 供試ウォーム歯車 / p53
  • 4・2 供試ウォーム歯車の接触状態 / p55
  • 4・3 多角形誤差の影響 / p58
  • 4・4 接触応力の推定 / p60
  • 4・5 接触状態におよぼす各種誤差の影響 / p69
  • 4・6 第4章のまとめ / p73
  • 第4章の参考文献 / p74
  • 第5章 円筒ウォーム歯車の新しい歯面修整法 / p75
  • 5・1 歯面修整法の問題点 / p76
  • 5・2 新しい歯面修整法 / p76
  • 5・3 ウォーム・ホブ・ラック間の歯形計算 / p78
  • 5・4 新しい歯面修整法による計算例 / p81
  • 5・5 従来の歯面修整法との比較 / p96
  • 5・6 歯当たり試験 / p99
  • 5・7 第5章のまとめ / p105
  • 第5章の参考文献 / p106
  • 第6章 直交ギヤードモートルヘの適用 / p107
  • 6・1 直交ギヤードモートルの必要性 / p107
  • 6・2 歯車諸元 / p109
  • 6・3 実験装置と実験方法 / p113
  • 6・4 実験結果 / p115
  • 6・5 第6章のまとめ / p117
  • 第6章の参考文献 / p118
  • 第7章 結論 / p119
  • 7・1 歯車の接触理論について / p120
  • 7・2 ウォーム歯車の接触状態と可視化について / p120
  • 7・3 I形円筒ウォーム歯車の接触状態解析について / p121
  • 7・4 円筒ウォーム歯車の新しい歯面修整法について / p121
  • 7・5 直交ギヤードモートルヘの適用について / p122
  • 7・6 今後の課題 / p123
  • 謝辞 / p124

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 円筒ウォーム歯車の接触状態の可視化と歯面修整法に関する研究
著作者等 牟田義

牟田
書名ヨミ エントウ ウォーム ハグルマ ノ セッショク ジョウタイ ノ カシカ ト ハメン シュウセイホウ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想