高カロリー輸液(TPN)療法におけるセレン製剤投与の問題点に関する臨床および基礎的研究

[目次]

  • 目次
  • 【緒言】 / p1
  • 【第1章】セレン製剤投与時の患者モニタリングのための生物学的パラメータの検討 / p6
  • 1.序 / p6
  • 2.症例および実験方法 / p9
  • 3.結果 / p16
  • 4.考察 / p28
  • 5.小活 / p31
  • 【第2章】TPNへ添加するセレン化合物の選択に関する検討 / p32
  • 【第1節】セレン化合物とシステイン(Cys)、グルタチオン(GSH)の共存による活性酸素種(AOS)産生 / p32
  • 1.序 / p32
  • 2.実験材料および方法 / p34
  • 3.結果 / p36
  • 4.考察 / p38
  • 5.小活 / p41
  • 【第2節】セレン化合物とCys、GSHの共存による細胞障害 / p43
  • 1.序 / p43
  • 2.実験材料および方法 / p44
  • 3.結果 / p45
  • 4.考察 / p54
  • 5.小活 / p56
  • 【第3章】総括 / p57
  • 【謝辞】 / p64
  • 【掲載論文】 / p65
  • 【引用文献】 / p66

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 高カロリー輸液(TPN)療法におけるセレン製剤投与の問題点に関する臨床および基礎的研究
著作者等 寺田 淳
書名ヨミ コウカロリー ユエキ (TPN) リョウホウ ニ オケル セレン セイザイ トウヨ ノ モンダイテン ニ カンスル リンショウ オヨビ キソテキ ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想