四国沿岸域における津波危険度の評価に関する研究

[目次]

  • 論文目録
  • 論文内容要旨
  • 目次 / p1
  • 第1章 緒論 / p1
  • 1.1 研究の背景 / p1
  • 1.2 研究の目的 / p2
  • 1.3 既往の研究 / p2
  • 1.4 論文の構成と概要 / p5
  • 参考文献 / p7
  • 第2章 四国沿岸域における歴史津波の実態把握 / p9
  • 2.1 緒言 / p9
  • 2.2 歴史津波の津波高調査 / p10
  • 2.3 結言 / p24
  • 参考文献 / p25
  • 第3章 津波の数値計算に用いる各種断層モデルの適合性評価 / p26
  • 3.1 緒言 / p26
  • 3.2 計算条件 / p26
  • 3.3 計算結果 / p44
  • 3.4 結言 / p59
  • 参考文献 / p61
  • 第4章 波源域モデルを用いた津波危険度の評価 / p62
  • 4.1 緒言 / p62
  • 4.2 数値計算 / p62
  • 4.3 津波の危険度に関する考察 / p65
  • 4.4 結言 / p69
  • 参考文献 / p70
  • 第5章 断層モデルを用いた津波危険度の評価 / p71
  • 5.1 緒言 / p71
  • 5.2 数値計算 / p71
  • 5.3 津波の危険度に関する考察 / p73
  • 5.4 結言 / p77
  • 参考文献 / p78
  • 第6章 集落規模の津波危険度の評価 / p79
  • 6.1 緒言 / p79
  • 6.2 数値計算 / p79
  • 6.3 越波・避難を考慮した津波危険度の評価法 / p81
  • 6.4 津波危険度の評価および考察 / p84
  • 6.5 結言 / p104
  • 参考文献 / p105
  • 第7章 住民の意識構造分析に基づく津波防災のあり方 / p106
  • 7.1 緒言 / p106
  • 7.2 津波に関するアンケート調査の概要 / p107
  • 7.3 調査結果の分析および考察 / p109
  • 7.4 結言 / p117
  • 参考文献 / p118
  • 第8章 結論 / p119
  • 謝辞 / p122
  • 本論文に関連する発表論文 / p124

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 四国沿岸域における津波危険度の評価に関する研究
著作者等 山本 尚明
書名ヨミ シコク エンガンイキ ニ オケル ツナミ キケンド ノ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想