Treatment results of stage Ⅰ and Ⅱ oral tongue cancer with interstitial brachytherapy : Maximum tumor thickness is prognostic of nodal metastasis

この本の情報

書名 Treatment results of stage Ⅰ and Ⅱ oral tongue cancer with interstitial brachytherapy : Maximum tumor thickness is prognostic of nodal metastasis
著作者等 松浦 寛司
書名別名 Ⅰ-Ⅱ期舌癌の組織内照射治療成績 : 最大腫瘍厚は後発頸部リンパ節転移の予測因子になる
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想