突切り・溝入れ切削加工の高能率化に関する研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1章 緒論 / p1
  • 第2章 突切り・溝入れ切削加工の現状と問題点 / p3
  • 2.1 緒言 / p3
  • 2.2 突切り・溝入れ切削加工の定義と加工用工具 / p3
  • 2.3 工具剛性 / p6
  • 2.4 切削速度の低下 / p6
  • 2.5 切りくず処理 / p7
  • 2.6 加工剛性 / p8
  • 2.7 その他の問題点 / p12
  • 2.8 本研究の意義および必要性 / p13
  • 2.9 結言 / p14
  • 第3章 高速度鋼工具による突切り加工 / p15
  • 3.1 緒言 / p15
  • 3.2 実験装置および方法 / p15
  • 3.3 実験結果および検討 / p16
  • 3.4 結論 / p23
  • 第4章 超硬工具による突切り・溝入れ切削加工 / p24
  • 4.1 超硬工具の基本的切削性能 / p24
  • 4.2 超微粒超硬工具による切落とし加工 / p33
  • 第5章 セラミック工具による炭素鋼の溝入れ切削加工 / p38
  • 5.1 緒言 / p38
  • 5.2 実験装置および方法 / p38
  • 5.3 実験結果および検討 / p39
  • 5.4 結論 / p45
  • 第6章 難削材料の突切り・溝入れ切削加工 / p46
  • 6.1 焼入鋼の溝入れ切削加工 / p46
  • 6.2 オーステナイト系ステンレス鋼の突切り・溝入れ切削加工 / p54
  • 6.3 高マンガン鋼の溝入れ切削加工 / p66
  • 6.4 βチタン合金の溝入れ切削加工 / p74
  • 第7章 総括 / p81
  • 謝辞 / p87
  • 参考文献 / p89

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 突切り・溝入れ切削加工の高能率化に関する研究
著作者等 越智 秋雄
書名ヨミ ツッキリ ミゾイレ セッサク カコウ ノ コウノウリツカ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想