離散Gauge理論の補助場による定式化とその応用

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1章 Introduction / p2
  • 1.1 Standard Modelについて / p2
  • 1.2 離散空間におけるGauge理論について / p4
  • 1.3 本論文の概要 / p6
  • 第2章 準備 / p11
  • 2.1 大域的対称性 / p11
  • 2.2 局所的対称性 / p15
  • 2.3 自発的対称性の破れ / p24
  • 第3章 Standard Model / p29
  • 3.1 Glashow-Weinberg-Salam ModelにおけるGauge対称性 / p29
  • 3.2 [数式](2)×[数式](1)対称性の自発的破れ / p33
  • 3.3 Gauge BosonとFermionの相互作用 / p36
  • 3.4 Yukawa termとFermionの質量 / p37
  • 3.5 Quantum Chromodynamics(QCD) / p40
  • 3.6 Standard Model(SM) / p42
  • 第4章 離散空間におけるGauge理論 / p45
  • 4.1 離散空間における外微分形式 / p45
  • 4.2 M₄×[数式]×[数式]上におけるGauge理論 / p50
  • 第5章 Standard Modelへの応用 / p58
  • 第6章 結論と今後の課題 / p64
  • 付録A 単位系,表記法及びγ行列 / p70
  • 付録B 多様体上の外微分形式 / p72

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 離散Gauge理論の補助場による定式化とその応用
著作者等 平 英雄
書名ヨミ リサン Gauge リロン ノ ホジョバ ニ ヨル テイシキカ ト ソノ オウヨウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想