GM-CSFあるいはB7遺伝子を導入したマウス造血器腫瘍細胞による抗腫瘍免疫の誘導

[目次]

  • 目次
  • 要旨 / p1
  • 序論 / p6
  • 材料と方法 / p9
  • (1)実験動物 / p9
  • (2)腫瘍細胞株 / p9
  • (3)レトロウイルス産生細胞 / p9
  • (4)ELISA法を用いたマウスGM-CSF濃度の測定 / p10
  • (5)遺伝子導入 / p10
  • (6)単クローン抗体とFACScanによる表面マーカーの解析 / p11
  • (7)ヌードマウスからのNK細胞除去 / p12
  • (8)マウスへの腫瘍細胞の接種 / p13
  • 結果 / p14
  • (1)野生型および遺伝子導入WEHI3BあるいはEL-4細胞の性質 / p14
  • (2)同系BALB/cマウスにおける野生型および遺伝子導入WEHI3B細胞の造腫瘍性 / p16
  • (3)胸腺を欠くBALB/cnu/nuマウスにおける野生型および遺伝子導入WEHI3B細胞の造腫瘍性 / p18
  • (4)野生型および遺伝子導入WEHI3B細胞におけるワクチン効果 / p21
  • (5)野生型および遺伝子導入EL-4細胞におけるワクチン効果 / p21
  • (6)GM-CSFおよびB7遺伝子導入EL-4細胞の併用によるワクチン効果 / p25
  • 考察 / p30
  • 謝辞 / p36
  • 参考文献 / p37

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 GM-CSFあるいはB7遺伝子を導入したマウス造血器腫瘍細胞による抗腫瘍免疫の誘導
著作者等 中崎 有恒
書名ヨミ GM-CSF アルイワ B7 イデンシ オ ドウニュウ シタ マウス ゾウケツキ シュヨウ サイボウ ニ ヨル コウシュヨウ メンエキ ノ ユウドウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想