内視鏡下一酸化窒素検出電極の開発と潰瘍性大腸炎症例における検討

[目次]

  • 目次
  • 緒言 / p1
  • 第1章 NOの測定法についての基礎的検討 / p2
  • 第1節 ¹⁴Cアルギニン変換法 / p2
  • 第2節 NO電極法 / p3
  • 第3節 総括 / p4
  • 第2章 潰瘍性大腸炎粘膜におけるNOの測定(臨床的検討) / p5
  • 第1節 ¹⁴Cアルギニン変換法 / p5
  • 第2節 NO電極法 / p6
  • 第3節 総括 / p7
  • 第3章 NOSの局在に対する組織学化的検討 / p8
  • 第1節 免疫組織化学的方法 / p8
  • 第2節 Non RI in situ hybridization / p8
  • 第3節 総括 / p10
  • 第4章 NOの組織傷害に対する検討 / p11
  • 第5章 結論 / p13
  • 謝辞 / p14

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 内視鏡下一酸化窒素検出電極の開発と潰瘍性大腸炎症例における検討
著作者等 岩下 悦郎
書名ヨミ ナイシキョウカ イッサンカ チッソ ケンシュツ デンキョク ノ カイハツ ト カイヨウセイ ダイチョウエン ショウレイ ニ オケル ケントウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想