高分子ミクロスフェアを用いたアフィニティ分離と遺伝子診断への応用

[目次]

  • 論文目録
  • 目次
  • 第1章 序論 / p1
  • 第2章 アフィニティ分離のためのポリペプチド固定ミクロスフェアの作製 / p10
  • 2.1 緒言 / p10
  • 2.2 実験方法 / p12
  • 2.3 結果および考察 / p40
  • 2.4 結論 / p55
  • 2.5 参考文献 / p56
  • 第3章 二量体形成ポリペプチド固定ミクロスフェアのキャラクタリゼーションとそれを用いた特異的タンパク質のアフィニティ分離 / p60
  • 3.1 緒言 / p60
  • 3.2 実験方法 / p65
  • 3.3 結果および考察 / p75
  • 3.4 結論 / p88
  • 3.5 参考文献 / p89
  • 第4章 遺伝子診断用DNA固定ミクロスフェアの作製 / p92
  • 4.1 緒言 / p92
  • 4.2 実験方法 / p94
  • 4.3 結果および考察 / p101
  • 4.4 結論 / p128
  • 4.5 参考文献 / p129
  • 第5章 遺伝子診断用DNA固定ミクロスフェアを用いた点変異DNAの回収および検出 / p131
  • 5.1 緒言 / p131
  • 5.2 実験方法 / p132
  • 5.3 結果および考察 / p136
  • 5.4 結論 / p148
  • 5.5 参考文献 / p149
  • 第6章 DNA一本鎖切断酵素を川いたミクロスフェア上での未標識点変異遺伝子の識別 / p151
  • 6.1 緒言 / p151
  • 6.2 実験方法 / p155
  • 6.3 結果および考察 / p160
  • 6.4 結論 / p169
  • 6.5 参考文献 / p170
  • 第7章 間接標識プローブ法を用いた点変異末標識70塩基DNAの検出 / p173
  • 7.1 緒言 / p173
  • 7.2 実験方法 / p174
  • 7.3 結果および考察 / p178
  • 7.4 結論 / p191
  • 7.5 参考文献 / p192
  • 第8章 総括 / p193
  • 謝辞 / p197
  • 本研究に関連した研究発表 / p198

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 高分子ミクロスフェアを用いたアフィニティ分離と遺伝子診断への応用
著作者等 畠山 士
書名ヨミ コウブンシ ミクロスフェア オ モチイタ アフィニティ ブンリ ト イデンシ シンダン エ ノ オウヨウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想