心理療法を通してのJungの「ペルソナ」再検討

[目次]

  • 目次
  • 謝辞 / p1
  • 序章 Jungにおける「ペルソナ」の問題点 / p5
  • 第1章 研究史 / p11
  • 1)Jungにおけるペルソナ / p12
  • 2)ポスト・ユンギアンにおけるペルソナ / p19
  • 3)精神分析からの貢献 / p26
  • 4)その他の領域からの貢献 / p34
  • 第2章 心理療法過程に現れるペルソナを表すイメージ / p41
  • 1)仮面 / p42
  • 2)顔 / p54
  • 3)衣・靴 / p64
  • 4)化粧・メイク・匂い・髪形 / p70
  • 5)皮膚 / p75
  • 6)言葉遣い / p87
  • 7)名前・名刺 / p89
  • 8)器 / p91
  • 9)家、特にその「表口」 / p102
  • 10)窓・簾(すだれ)・ブラインド / p107
  • 第3章 事例 / p120
  • 1)事例の概要 / p121
  • 2)心理療法過程 / p122
  • 第4章 事例Aの心理療法過程に対する「ペルソナの変容」の視点からの考察 / p201
  • 第5章 総括:新しいペルソナ論 / p242
  • 文献 / p255

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 心理療法を通してのJungの「ペルソナ」再検討
著作者等 大場 登
書名ヨミ シンリ リョウホウ オ トオシテ ノ Jung ノ 「 ペルソナ 」 サイケントウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想