妊娠20週以前におけるNuchal translucency, 大腿骨および上腕骨長計測による胎児予後判定に関する検討

[目次]

  • 目次
  • 1.概要 / p1
  • 4.緒言 / p4
  • 5.対象と方法 / p5
  • 7.結果 / p7
  • 12.考察 / p12
  • 16.結論 / p16
  • 17.文献 / p17
  • 19.写真 / p19
  • 21.Table / p21

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 妊娠20週以前におけるNuchal translucency, 大腿骨および上腕骨長計測による胎児予後判定に関する検討
著作者等 深田 幸仁
書名ヨミ ニンシン 20シュウ イゼン ニ オケル Nuchal translucency , ダイタイコツ オヨビ ジョウワンコツチョウ ケイソク ニ ヨル タイジ ヨゴ ハンテイ ニ カンスル ケントウ
書名別名 Estimation of fetal prognosis by the ultrasonographic measurement of nuchal translucency, femur and humerus length before 20 weeks of gestation
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想