カロッサ詩集

藤原定 訳

[目次]

  • 詩集
  • 河辺の森に / 8
  • ぼくは夜中に / 8
  • 家路 / 9
  • 星々の歌 / 12
  • 蒼白い月 / 12
  • 体験 / 13
  • ある蝶に / 16
  • 春 / 17
  • もろくなった氷塊が / 18
  • ベンチにかける見知らぬ女 / 19
  • 盲人 / 20
  • 水中の天 / 22
  • 自然に寄す / 24
  • 太陽に寄せる歌 / 29
  • 出あい / 34
  • 父母の庭で / 35
  • 眺め / 36
  • 汽車は疾る / 37
  • 聖女バルバラの日-十二月四日 / 38
  • くらい時間 / 40
  • トロイメライ / 41
  • ある子に / 43
  • 不安な夜ののち / 44
  • 地霊 / 45
  • 病人 / 49
  • なぜ僕らは / 52
  • ニュンフェンブルク / 52
  • 浄福の確信 / 54
  • 暁の山 / 55
  • 受胎 / 61
  • 愛慾に駆られ / 62
  • 愛の神秘 / 64
  • 航路 / 67
  • 祖先の女 / 69
  • アッピア街道 Via Appia エディータ クルティウスに記念のため / 73
  • 生れてくる子に / 75
  • 生の讃歌 / 84
  • 断片 / 88
  • ある星が歌う / 90
  • 生きる日 / 91
  • 林間に仰ぐ星-一九四〇-一九四五年の詩
  • ほの明るい縞模様 / 96
  • 鉄道線路わきの古びた家で / 96
  • 三月の初め / 99
  • 鳥のバラッド / 100
  • 古墳のレリーフにささげる言葉 / 102
  • 林間に仰ぐ星 / 106
  • 守護霊 / 108
  • 庭の日 / 110
  • 雲と花 / 111
  • ある夢想からのめざめ / 112
  • 見しらぬ世界 / 114
  • 小さい読者-一九四二年 / 115
  • 捕虜の女と老人 / 120
  • ある夢想劇の中で光波探究家の霊は語る / 121
  • 死の風に触れ-一九四三年 / 125
  • 全き代償-一九四五年五月 / 127
  • 使者 / 131
  • 西欧の悲歌-一九四三年 / 136
  • あとがき / 147
  • 口絵写真/ハンス・カロッサ
  • 口絵筆蹟/「生きる日」原稿

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 カロッサ詩集
著作者等 Carossa, Hans
藤原 定
書名ヨミ カロッサ シシュウ
シリーズ名 世界の詩
出版元 弥生書房
刊行年月 1965
ページ数 153p 図版
大きさ 18cm
NCID BN05187538
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65007527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想