パルス核磁気共鳴法を用いた加速器用双極磁石の磁場均一度測定に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 第1章 序論 / p1
  • 1.1 高エネルギー加速器用多極磁石 / p1
  • 1.2 磁場均一度測定法 / p3
  • 1.3 パルスNMR法による磁場測定 / p8
  • 1.4 本研究の目的及び本論文の構成 / p14
  • 第2章 本研究によるパルスNMR装置の設計上の特長 / p18
  • 2.1 プローブ部の送受信特性 / p18
  • 2.2 本研究によるPLLを用いた周波数計測法 / p34
  • 第3章 小型プローブを用いたパルスNMR磁場測定装置 / p39
  • 3.1 測定回路 / p39
  • 3.2 周波数計測の方法 / p46
  • 3.3 装置の製作 / p49
  • 3.4 装置の調整 / p57
  • 3.5 NMRプローブ / p63
  • 第4章 製作したパルスNMR磁場均一度測定装置の動作確認 / p72
  • 4.1 超伝導ソレノイドの設計・製作 / p72
  • 4.2 実験方法 / p78
  • 4.3 FID信号の観測 / p81
  • 4.4 磁場均一度測定結果と装置の動作確認 / p84
  • 第5章 パルスNMR法を用いた磁場の多極成分解析 / p87
  • 5.1 パルスNMR法を用いた磁場の多極成分解析 / p87
  • 5.2 プローブの位置と多極成分の誤差 / p90
  • 第6章 2チャンネル・パルスNMR磁場均一度測定装置 / p95
  • 6.1 双極磁石の磁場測定 / p95
  • 6.2 2チャンネル磁場均一度測定装置の特徴 / p108
  • 6.3 双極磁石の磁場測定 / p114
  • 6.4 測定結果及び考察 / p115
  • 第7章 結論及び今後の課題 / p130
  • 謝辞 / p134
  • 参考文献 / p135
  • 付録 / p137
  • A プローブ部の伝送特性の最適化計算詳細 / p137
  • B 本研究で製作した測定装置の回路図 / p152

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 パルス核磁気共鳴法を用いた加速器用双極磁石の磁場均一度測定に関する研究
著作者等 加藤 秀一
書名ヨミ パルス カク ジキ キョウメイホウ オ モチイタ カソクキヨウ ソウキョク ジシャク ノ ジバ キンイツド ソクテイ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想