定常広帯域音の音色の知覚に関する研究

[目次]

  • 目次 / p5
  • 緒言 / p1
  • 第1章 序論 / p1
  • 1.1 音色に関する過去の研究 / p1
  • 1.2 聴覚フィルタとそのモデルに関する研究 / p6
  • 1.3 研究の目的 / p13
  • 第2章 高次高調波成分のみからなる複合音の音色弁別過程とそのモデル / p16
  • 2.1 はじめに / p16
  • 2.2 高次高調波成分のみからなる複合音の音色弁別域の測定 / p18
  • 2.3 聴覚フィルタモデルを用いた音色弁別域の推定 / p28
  • 2.4 まとめ / p41
  • 第3章 高次高調波成分のみからなる複合音の音色知覚過程とそのモデル / p43
  • 3.1 はじめに / p43
  • 3.2 高次高調波成分のみからなる複合音の音色知覚空間 / p45
  • 3.3 音色知覚空間表現モデルに関する検討 / p50
  • 3.4 まとめ / p57
  • 第4章 音色知覚過程に及ぼす側方抑制の影響 / p59
  • 4.1 はじめに / p59
  • 4.2 側方抑制を考慮した近似聴覚系内スペクトルの算出法 / p61
  • 4.3 高次高調波成分のみからなる複合音の音色弁別過程における側方抑制の寄与 / p65
  • 4.4 高次高調波成分のみからなる複合音の音色知覚空間における側方抑制の寄与 / p75
  • 4.5 音色弁別域推定モデルの検証 / p78
  • 4.6 まとめ / p82
  • 第5章 聴覚系内スペクトルに基づく音色知覚空間表現モデル / p84
  • 5.1 はじめに / p84
  • 5.2 スペクトル包絡と微細構造を変化させた刺激音の音色知覚空間(考察の対象) / p85
  • 5.3 聴覚系内スペクトルと音色知覚空間との対応 / p88
  • 5.4 スペクトル概形に基づく音色知覚空間の表現 / p96
  • 5.5 まとめ / p105
  • 第6章 結論 / p107
  • 謝辞 / p113
  • 参考文献 / p115
  • 付録A 2つの空間布置の比較 / p121
  • 付録B 恒常法を用いた実験結果の差の有意性の検定 / p123

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 定常広帯域音の音色の知覚に関する研究
著作者等 植松 尚
書名ヨミ テイジョウ コウタイイキオン ノ ネイロ ノ チカク ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想