痙縮と固縮の評価のための下肢関節運動モデルに関する研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 1.序論 / p1
  • 1.1 本研の背景と目的 / p1
  • 1.2 本論文の概要 / p4
  • 2.下肢における関節運動の測定法 / p7
  • 2.1 緒言 / p7
  • 2.2 足関節運動の測定法 / p8
  • 2.3 膝関節運動の測定法 / p15
  • 2.4 結言 / p21
  • 3.足関節運動のモデル / p24
  • 3.1 緒言 / p24
  • 3.2 反射弓の構造 / p26
  • 3.3 足関節運動モデル / p30
  • 3.4 モデルの検証法 / p39
  • 3.5 モデルの検証結果 / p43
  • 3.6 足関節運動の生成機序 / p50
  • 3.7 足関節反射の評価指数に関する検討 / p54
  • 3.8 結言 / p54
  • 4.膝関節運動のモデル / p58
  • 4.1 緒言 / p58
  • 4.2 膝関節運動モデルの構成 / p58
  • 4.3 膝関節運動のシミュレーション / p62
  • 4.4 膝関節運動の生成機序 / p74
  • 4.5 膝関節反射の評価に関する検討 / p82
  • 4.6 結言 / p82
  • 5.痙縮患者を対象とした膝関節運動モデルの精度改善 / p85
  • 5.1 緒言 / p85
  • 5.2 モデルの改良 / p86
  • 5.3 モデルを利用したシミュレーションの方法 / p101
  • 5.4 モデルの精度 / p104
  • 5.5 入力値による痙縮評価の検討 / p112
  • 5.6 結言 / p117
  • 6.結論 / p119
  • 謝辞 / p121
  • 参考文献 / p122

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 痙縮と固縮の評価のための下肢関節運動モデルに関する研究
著作者等 軸屋 和明
書名ヨミ ケイシュク ト コシュク ノ ヒョウカ ノ タメ ノ カシ カンセツ ウンドウ モデル ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想