拡散律速蛍光共鳴エネルギー移動によるアクチン表面の局所部位の周りの静電ポテンシャル測定

山本哲也 [著]

[目次]

  • 要旨
  • 目次 / p1
  • 目次 / p1
  • 表の一覧 / p3
  • 図の一覧 / p4
  • 略字・記号の一覧 / p6
  • I.序論 / p1
  • I.1 筋収縮研究の背景 / p1
  • I.2 筋蛋白質における静電相互作用 / p2
  • I.3 蛋白表面電位測定 / p3
  • II.材料と手法 / p7
  • II.1 筋蛋白調整 / p7
  • II.2 テルビウムドナーによるアクチン化学修飾 / p8
  • II.3 アクセプターの調整 / p8
  • II.4 エネルギー移動反応速度測定 / p9
  • III.理論 / p11
  • Ill.1 ドナー・アクセプターが球形で1対1の場介 / p11
  • Ill.2 拡散律速状態の場合 / p11
  • Ill.3 アクセプターの構造囚子を考慮した場合 / p12
  • III.4 蛋白電位測定の場合 / p14
  • III.5 ドナー・アクセプターの配向の効果 / p15
  • IV.結果 / p19
  • IV.1 R₀の決定 / p19
  • IV.2 アクセプターの構造因子決定(コントロール実験) / p19
  • IV.3 アクチンCys-374の周りの電位測定 / p22
  • IV.4 アクチンのファロイジン結合部位の周りの電位測定 / p25
  • V.考察 / p26
  • V.1ドナーを蛋白に導入した利点 / p26
  • V.2 アクセプターの特性 / p27
  • V.3 アクセプターに適用した円柱近似の評価 / p28
  • V.4 交換相互作用と双曲子双曲子相互作川の寄与 / p28
  • V.5 アクチン表面の電位測定数値解析に適用した平面近似の評価 / p33
  • V.6 測定された蛋白表面電位の評価 / p34
  • V.7 実験結果の解釈(Cys-374の場合) / p35
  • V.8 実験結果の解釈(ファロイジン結合部位の場合) / p36
  • VI.まとめ / p38
  • VII.表 / p39
  • VIII.図 / p41
  • 謝辞 / p64
  • 参考文献 / p65

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 拡散律速蛍光共鳴エネルギー移動によるアクチン表面の局所部位の周りの静電ポテンシャル測定
著作者等 山本 哲也
書名ヨミ カクサン リッソク ケイコウ キョウメイ エネルギー イドウ ニ ヨル アクチン ヒョウメン ノ キョクショ ブイ ノ マワリ ノ セイデン ポテンシャル ソクテイ
出版元 山本哲也
刊行年月 1994.10
ページ数 67枚
大きさ 30cm
NCID BN13411240
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想