ススの炭素・水素比の粒径依存性

[目次]

  • 目次 / p1
  • 要約 / p2
  • 第1章 序論 / p3
  • 1.2 緒言 / p4
  • 1.2 すすの性質 / p5
  • 1.3 すす生成理論 / p14
  • 1.4 カーボンクラスタ / p16
  • 1.5 結言 / p29
  • 第2章 実験装置 / p31
  • 2.1 バーナー / p32
  • 2.2 水冷式すす採取プローブ / p35
  • 2.3 連続吸引資料採取器 / p37
  • 2.4 CHN元素分析装置 / p39
  • 2.5 電子顕微鏡 / p41
  • 第3章 実験方法 / p42
  • 3.1 資料採取法 / p43
  • 3.2 資料分析法 / p47
  • 3.3 各燃料の実験条件 / p49
  • 第4章 実験結果と考察 / p53
  • 4.1 すす粒子の電子顕微鏡写真と粒径分布 / p54
  • 4.2 水素炭素比と粒径の関係 / p58
  • 4.3 燃料の水素含有率と表面水素数密度との関係 / p63
  • 第5章 結論 / p65
  • 謝辞 / p66

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ススの炭素・水素比の粒径依存性
著作者等 古谷 博秀
書名ヨミ スス ノ タンソ スイソヒ ノ リュウケイ イソンセイ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想