細胞性粘菌Dictyostelium discoideumの増殖期および分化期におけるタンパク質性情報伝達因子とその生理作用に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 要旨 / p1
  • 第一章 増殖中の細胞性粘菌Dictyostelium discoideumにおいて分泌され、発生能獲得に働くタンパク質性因子 / p4
  • 1.序文 / p5
  • 2.材料と方法 / p7
  • 3.結果 / p13
  • 4.考察 / p31
  • 5.引用文献 / p37
  • 第二章 細胞性粘菌Dictyostelium discoideumによって分泌され、増殖/分化の切り換えに機能するタンパク質性因子の単離・精製とその生理作用 / p40
  • 1.序文 / p41
  • 2.材料と方法 / p45
  • 3.結果 / p53
  • 4.考察 / p68
  • 5.引用文献 / p72
  • 第三章 総合討論 / p76
  • 引用文献 / p79
  • 謝辞 / p81

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 細胞性粘菌Dictyostelium discoideumの増殖期および分化期におけるタンパク質性情報伝達因子とその生理作用に関する研究
著作者等 飯島 典生
書名ヨミ サイボウセイ ネンキン Dictyostelium discoideum ノ ゾウショクキ オヨビ ブンカキ ニ オケル タンパクシツセイ ジョウホウ デンタツ インシ ト ソノ セイリ サヨウ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想