The interleukin-8 AP-1 and κB-like sites are genetic end targets of FK506-sensitive pathway accompanied by calcium mobilization

この本の情報

書名 The interleukin-8 AP-1 and κB-like sites are genetic end targets of FK506-sensitive pathway accompanied by calcium mobilization
著作者等 岡本 秀一
書名別名 インターロイキン8のAP-1とκB様部位はカルシュウム動員を伴うFK506感受性経路の遺伝子上の最終標的である
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想