Role of protein kinase C in the pathogenesis of cerebral vasospasm after subarachnoid hemorrhage

この本の情報

書名 Role of protein kinase C in the pathogenesis of cerebral vasospasm after subarachnoid hemorrhage
著作者等 酒向 正春
書名別名 脳血管攣縮の病態におけるプロテインキナーゼCの関与について
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想