An immunohistochemical study of methionine-enkephalin-Arg[6]-Gly[7]-Leu[8]-like immunoreactivity-containing liquor-contacting neurons (LCNs) in the rat spinal cord

この本の情報

書名 An immunohistochemical study of methionine-enkephalin-Arg[6]-Gly[7]-Leu[8]-like immunoreactivity-containing liquor-contacting neurons (LCNs) in the rat spinal cord
著作者等 下瀬川 徹
書名別名 ラット脊髄のメチオニン-エンケファリン8様免疫活性を含有する髄液接触ニューロンに関する免疫組織化学的研究
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想