生体組織透過光の脈動に基づく血中吸光物質濃度の無侵襲測定(脈波分光法)の研究

[目次]

  • 目次
  • 第1章 序論 / p1
  • 第2章 本研究の歴史的背景 / p4
  • 2.1 パルスオキシメトリの誕生以前 / p4
  • 2.2 脈波分光法の原理の着想 / p6
  • 2.3 パルスオキシメータの進歩と医療への寄与 / p8
  • 第3章 脈波分光法の原理と理論上の課題 / p11
  • 第4章 生体の減光の理論的検討 / p14
  • 4.1 光散乱体の減光理論の展望 / p15
  • 4.2 Schusterの減光の理論 / p16
  • 4.3 血液の減光の理論 / p18
  • 4.4 組織の減光の理論 / p21
  • 第5章 生体の減光の実験的検討 / p24
  • 5.1 血液減光の実験的検討 / p25
  • 5.2 純組織減光の実験的検討 / p31
  • 5.3 生体の光測定条件の考察 / p34
  • 第6章 脈波分光法による動脈血酸素飽和度の測定 / p61
  • 6.1 血中酸素の測定の医学的必要性 / p62
  • 6.2 観血的オキシメトリ / p63
  • 6.3 最初のパルスオキシメータ / p65
  • 6.4 改良型パルスオキシメータ / p68
  • 6.5 パルスオキシメトリの理論 / p73
  • 6.6 パルスオキシメトリの誤差要因 / p75
  • 6.7 パルスオキシメトリのシミュレーション / p78
  • 第7章 脈波分光法による色素希釈法 / p110
  • 7.1 色素希釈法の概要と医学的必要性 / p111
  • 7.2 脈波分光法による2波長色素希釈法 / p119
  • 7.3 脈波分光法による2波長色素希釈法の誤差要因 / p127
  • 7.4 脈波分光法による3波長色素希釈法 / p131
  • 7.5 脈波分光法による虚血式色素希釈法 / p133
  • 第8章 結言 / p158
  • 謝辞 / p159
  • 文献 / p160

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 生体組織透過光の脈動に基づく血中吸光物質濃度の無侵襲測定(脈波分光法)の研究
著作者等 青柳 卓雄
書名ヨミ セイタイ ソシキ トウカコウ ノ ミャクドウ ニ モトズク ケッチュウ キュウコウ ブッシツ ノウド ノ ムシンシュウ ソクテイ (ミャクハ ブンコウホウ) ノ ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想