実験的糖尿病動物における血管内皮細胞の機能変化

[目次]

  • 目次
  • 序論 / p1
  • 第1章 Alloxan 誘発糖尿病ウサギの脳底動脈及び胸部大動脈における薬物反応性 / p6
  • 実験方法 / p7
  • 実験結果 / p11
  • 考察 / p25
  • 第2章 Alloxan 誘発糖尿病ウサギの胸部大動脈における内皮依存性弛緩反応変化 / p29
  • 実験方法 / p30
  • 実験結果 / p33
  • 考察 / p38
  • 第3章 Alloxan 誘発慢性糖尿病ウサギの脳底動脈及び胸部大動脈における薬物反応性 / p40
  • 実験方法 / p41
  • 実験結果 / p44
  • 考察 / p53
  • 第4章 Streptozotocin 誘発糖尿病ラットにおける血圧反応と抵抗血管における弛緩反応 / p56
  • 実験方法 / p57
  • 実験結果 / p61
  • 考察 / p67
  • 第5章 ラット腸間膜動脈床灌流標本における血管弛緩反応と灌流液中 cyclic nucleotides レベルの変化 / p69
  • 実験方法 / p70
  • 実験結果 / p75
  • 考察 / p83
  • 第6章 Streptozotocin 誘発糖尿病ラット腸間膜動脈床灌流標本における内皮依存性弛緩反応と灌流液中 cyclic nucleotides レベルの変化 / p86
  • 実験方法 / p87
  • 実験結果 / p91
  • 考察 / p96
  • 総括 / p98
  • 謝辞 / p100
  • 引用文献 / p101

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 実験的糖尿病動物における血管内皮細胞の機能変化
著作者等 畔蒜 藤一
書名ヨミ ジッケンテキ トウニョウビョウ ドウブツ ニ オケル ケッカン ナイヒ サイボウ ノ キノウ ヘンカ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想